新着Pick
214Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国のIT企業は、どんどん実体経済との協創を目指している。
中国のIoTはおそらくこのような通信企業と実体企業との連携はますます多くなるだろう。
一方、日立がテンセントとの協創もあるが、日本ではあまり大きく取り上げず、とても残念に思う。
また三菱電機、東芝、パナソニックはどんな行動が出るか、楽しみにしている。
あまり遅れないようにしてほしい。

自動車の場合、トヨタとか日産などはまだほとんど中国のIT企業、通信企業などを目の中になく、かなり遅れていると思われる。
弊社はコネクテッドカーも含めたIoTの分野では、中国はものすごく力を入れています。
英語ですがプレスリリースはこちら
https://www.bosch-presse.de/pressportal/de/en/bosch-launches-iot-software-solutions-on-huawei-cloud-172992.html
提携が発表されたイベント、ファーウェイ・コネクトで取材中です。
ボッシュだけではなく、アウディとのスマート運転支援・自動運転開発の提携などが続々と発表されています。

「プラットフォーム+AI+エコシステム」がキーワード。ファーウェイのプラットフォームにAIを搭載。ボッシュをはじめとしたパートナー企業や世界のデベロッパーとエコシステムを築き、AI化を進展させると、エリック・シュー輪番副会長は力強く宣言していました。
これ、かなり気になる提携。Huaweiはスマホ以上に基地局での世界の主要ベンダー。そして先日、米国で揉めた(ZTEのほうがより揉めたが)。
その米国との対立が深まったタイミングで提携をするというのはリスクでもある。でもBoschとしてはそのリスクを取った。

このクラウド上でどこまでのデータを保存していくのか。予測診断という言及が記事にあるが、そういう意味では単なる走行データではなく制御に近い部分も含まれるかもしれないし、無線ソフト更新という言葉も結構深いところまで入るのではという気もする。

もちろん、両社とも技術面で多くのノウハウを持っている。また米国というリスクもあれば中国の巨大市場という機会もある。
ファーウェイはスマホのイメージが強いが、本来はネットワーク機器ベンダー。

今後車のコネクティビリティを重視するのであれば、お互い組んでおきたい相手ですね。
これは大注目!ファーウェイはモビリティ領域でも強いプレゼンスを発揮してくると思います。
この提携はかなり大きいと思います。特にEUの自動車メーカーにHuaweiの通信モジュールが搭載されると考えると、モビリティの世界での影響力は計り知れない気がします。
これサプライズ。
ドイツと中国が手を組むという図も含めて。
シナジーがどこか、良く見ておきたい