新着Pick
224Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
イケてるベンチャーっぽくない名前だけど、実態はめちゃくちゃイケてるベンチャー選手権があったとしたら、恐らく、そこでも優勝すると思われる、日本環境設計。

コメント欄で盛り上がるデロリアンだけでなく、無印良品などで、蜂さんの絵が描かれた回収ボックスを見かけたことがある方、多いのでは。

日本環境設計が強みとしている、「色々混ざってても、服を元の原料に戻せます」は、何をしているのか。
ザックリはここに書かれている。
http://www.jeplan.co.jp/ja/technology/polyester_recycle/

ポリエステルの代表であるPETは、テレフタル酸と、エチレングリコールがエステル結合でつながっている共重合体(一緒になって連鎖を作っている)。
このエステル結合を切ってやることで、原料に戻すことができます。
切るには、エチレングリコールと(おそらくなにかの触媒も)混ぜて、グツグツ煮る。
エステル結合は、それなりに弱い結合なので、こうしたリサイクルが可能ですね。
ポリエチレンとかは、こういうリサイクルの仕方は、難しいです。

会社のPCが手元にあれば、特許も調べられるけど…
とりあえず、食品安全委員会のこちらの資料が詳しい。(詳しいことは詳しいが、見にくい。そして、日本環境設計の方法と厳密に一緒なのかは、すみません、知りません。)
http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc_saiseipet160610-betten.pdf
再生PETはあんなに不純物だらけの原料からどうやってPET成分を回収しているのか謎でしたが、今回勉強するいい機会でした。takaoさん資料ありがとうございます。色々合点がいきました。モノマーレベルまで分解できるなら比較的容易に分離できそうで、ここが一番スッキリしました。また、
加熱分解してモノマー単離→精製
と工程も少なそうなので事業として採算が合うのも納得です。

再生PETは現時点でも色々と使用されています。
再生PET樹脂の用途 (PETボトルリサイクル推進協議会)
http://www.petbottle-rec.gr.jp/data/use.html
車の天井材(あのモフモフしたやつ)も再生PET製のものがあります。もとがPETボトルや衣服だと思うと不思議な感じですね。
化繊はマイクロプラスチック以上に厄介な海洋プラスチックの原因ということもわかって来ましたし、何よりサーキュラーエコノミーを目指す上で重要な技術。こういう会社が評価されるのは嬉しいことです。おめでとうございます!
「同社の強みは、古着のポリエステル繊維から石油由来品と同等の高品質なポリエステル原料をつくる技術」とのこと。
最近は新品の洋服を廃棄することが問題にもなっていますし、上手く利用できればいいのですが。流石にそれは難しいのでしょうか。いずれにせよ、古着は沢山あると思うので、とても良いことだと思います。
無印のハチさんがそうなのですねー!
環境コンサルみたいな社名なのに、ベンチャーなのか。

takaoさんのコメントでイメージできました。エステル結合は確かに弱い。