新着Pick
325Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファーストリテイリングは、アクセンチュア、島精機製作所(編み機大手メーカー)、最近ではgoogle、と大手専門企業との提携を積極的に行っている。ファーストリテイリングほどの大企業が最先端かつ大規模な取り組みをしようとすると、取り組める相手が限られてしまい、かつ相手からのリソースのコミットメントが必要で、そのための提携なのであろう。規模が大きくなると実は組める相手が減ってしまって、パートナーのリソース確保は重要事項である。リクルートが紙の情報誌を発行していた時代、毎週のあれだけの大量の印刷を頼める会社は非常に限られていたし、マクドナルドもずっとずっと昔はグローバルパーチェンシングシステムが整っておらず、ある国のマクドナルと別の国のマクドナルドがじゃがいもの買付けで競合してしまうようなことが起こっていた。
ファストリが物流に一層取り組むことの示唆。
ダイフクは、物流装置の大手。物流・小売りだと仕分け、搬送、保管などに使われる装置を製造。
https://www.daifuku.com/jp/solution/

ユニクロはここ数年物流に力を入れている。ただ有明倉庫は稼働時にはかなりの混乱があった(①)。また物流と言っても、何を目的とするかによってその物流システムの設計はかなり変わってくる。ユニクロとZARAを比較した②も併せてご参照いただきたい。
にしても、島精機といい、ファストリは最近、自社にとって重要な装置メーカーの囲い込みを進めている印象。
https://newspicks.com/news/2343813
https://newspicks.com/news/3322474
ユニクロの物流への投資規模が大きくなってますね。
ユニクロは、ザラと違って、1アイテム当たり大量に店舗に流す初期配分と、その後の1アイテムあたりの量が少ない補充があり、
2種類の、角井流でいう物流形態がありますから、どのような自動化をするのか興味津々です。
店舗オペレーションの最適化やECの配送効率化を考えると、倉庫も含めた物流の自動化は急務だと思います。世界で最も進んでいるのはAmazonですが、どんどん取り組みを進めないと。
ユニクロは自動化しやすい、
GUは自動化しにくい。物流改革に期待大。
おお、ダイフクですか。
だいぶ昔に調査したときも、既に自動倉庫や自動仕分け機、検品機のような機器とともにソリューションも提示していた。
適する商品の種別やコストなどはあるが、今amazonの倉庫で実現できていることの多くは、ソリューションとしては随分前からダイフクが示していた。
株式会社ダイフク(英: Daifuku Co., Ltd.)は、大阪市西淀川区に本社を置く物流システム、立体式の自動倉庫のメーカーである。自動車生産ラインのコンベヤシステム、洗車機、電子機器用部品などの製造も手がけている。 ウィキペディア
時価総額
6,558 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
5.92 兆円

業績