新着Pick
557Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ごく一部の天才に頼ってヒットを作るのではなく、良いアイデアを生める環境づくりをする。かつてピクサーでは、大きな長机がある部屋でネタだし会議をやっていたところ、「『重要』な人から順に中心から座っていく」という暗黙の序列ができてしまったため、机を撤去させたそうです。

今回はスラックCEOのバターフィールド氏が完全に黒子に徹して聞き手に回っていますが、彼自身も立ち上げたゲーム会社がうまくいかず、2度ピボットしています。2人の「失敗」への度量の深さを感じられる対談でした。
こういう職場で働いてみたい、と心の底から思える素晴らしいインタビュー。新しいものを作るというのは本当に難しいですが、それを実現する仕組みづくりに真摯に取り組んでいることが伝わります。

これもよい質問&応答でした。
──映画のアイデアを話し合う際に、そのアイデアがクリエイティブかどうかは、どうやって評価するのですか。
やはりブレイントラストの話が出てきた。エド・キャットムル氏が自身やピクサーの試行錯誤や成功について書いた「ピクサー流 創造するちから」でも触れられている。
ただ、ジョン・ラセター氏への言及がないのは残念。ハラスメントで去ることになったのはとても残念だが、ピクサーやブレイントラストを語る上では欠かせない人物だと思うし、そこでの功績は消えることはないと思う。デリケートな話題ではあるが、個人的にはだからこそ触れて欲しかった。

ちなみに「ピクサー流 想像するちから」は、ここ5年で自分が読んだビジネス書のなかでもトップ5には入る。
読んだことがなく、創造的な組織・文化・仕組みに興味がある方は、超おすすめ。
https://amzn.to/2Cabxrr
面白いです!ピクサーの組織づくりは、天才脚本家の橋本忍が『複眼の映像』に書いた「黒澤明のチーム」に似ていると感じます。個人ではなく組織がいかにして「継続的に創造性を発揮し続けるか」のプロセスは、結局同じところなのかなと感じました。

天才黒澤明と、橋本忍がいかにプロとして物作りし続けたか、
『複眼の映像』、おススメです。

あと(なんども言っているのですが)岡ゆづは記者の文章は本当にうまいです。
ピクサーはクリエイティブの世界で、個人力ではなく組織力でヒットを飛ばし続けている稀有な会社です。

その秘訣は作品そのものにルールを設けることではなく、作品の作り方にルールを設けることだと思います。

組織力は下記のような会議だけではなく、様々な要素で構成されているので、それだけを真似するのは良策とは言えませんが、その組織づくりの一貫性は非常に参考になります。

——————————————————-

1つ目は、上下関係や権力の所在をなくすことです。

2つ目は、部屋にいるメンバーは「仲間」だという認識を皆が持つことです。

3つ目は、あくまでも「正直な意見・感想を言う」ことです。これは、簡単なことではありません。

4つ目は、特に我々のようなマネジャーが気をつけておくべきことなのですが、「部屋の空気」をよく観察するということです。
会議から取り除くべきこと
①上下関係や権力
②アイデアへの否定
③仲間同士の敵対心
④当事者意識のない参加
⑤うわべな意見

クリエイティブな組織は、人間性を尊重する。
クリエイティブな組織は、人間関係を複雑にしない。
良い話。