新着Pick
1242Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アリババのビジネスがものすごい進撃を続けてイノベーションを起こしてきたのは覆しようのない事実として、ジャック・マーという人と、その創業者が生み出した経営哲学にも興味があります。

タオバオにはじまり、アリペイでは決済革命、芝麻信用では世界に先立つ信用革命、フーマーフレッシュの「ニューリテール」では小売革命を起こしてきたアリババ。そしてまさに絶頂のタイミングで、次の世代に経営をバトンタッチすることを宣言したジャック・マー。伝説的でさえある。

「アリババを創業して19年間、毎日、毎日、いつも『俺は正しいことをしているのだろうか』と、自分に問い続けました。人から好かれようが、嫌われようが、これぞと思ったことにコミットするべきです」

スティーブ・ジョブズの「もし今日が人生最後の日だったら、僕は今からすることを“したい”と思うだろうか?」ではないですが、ジャック・マーのこの毎日の問いかけもまた強烈で、その積み重ねが今のアリババをつくってきたんでしょうね。ここからの連載が楽しみです
NewsPicksは、先日の中国ユニコーン特集に続いて、今度はアリババを深掘りしたオリジナル特集をスタートします。

中国のテクノロジー企業で、ジャック・マーのような「本当のおちこぼれ」だった人物は、滅多にいません。BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)の中でも、大学受験に落ち続け、英語教師から成り上がったジャックは、ひときわ異彩を放っています。だからこそ、異様な存在感があります。

彼が築いたアリババグループとは、どんな企業群で、どのようなビジネスを生み出しているのか。日本にいると、まったく理解することができない、イノベーションの数々をレポートしてゆきます。

アマゾンとは違う「未来」を作っているアリババの特集、ぜひご一読ください。
楽しみすぎる。圧倒的先進国、中国。ここから学ばないと次の時代は生き残れないだろう。
中国の起業とアメリカはどこが違うか?
アメリカのIT企業はほとんど名門の大学に進学した人だった。卒業できなかった人もずいぶんいるが、一応近代の学問に理解を持つ人たちだった。
中国でも基本的にそのような人が成功していくが、
アリババを超える人はしばらく無理。
中国は草の根の人が起業している。
何度失敗してもやり抜く。
アメリカのような理論的、打算的ではない。
ジャック・マーはやはり典型だろうね。
先日の中国のユニコーン企業でも先進的で未来感たっぷりの取り組みがたくさん紹介されていましたが、その後実際にニュースとしてそういった取り組みも出てきていることを見て、やはり中国は面白いなと思っていたところでした。先日「Mercari X」が話題になったメルペイは芝麻信用の考え方にも似ていると言われていますが、こちらもアリババグループ。
【シリコンバレーが学ぶ、中国ユニコーン企業たちの「正体」】
https://newspicks.com/news/3270708
【中国の幼稚園に先生ロボット登場。教員不足で既に1500園が導入】
https://newspicks.com/news/3346498
【極秘アプリ「Mercari X」がお披露目 ── メルペイは「お金がなくても使えるメルカリ」の実現を目指す】
https://newspicks.com/news/3362405

ジャック・マーさんからQRコードまで。本連載も楽しみです!
「中国版のアマゾン」と同様に「キャッシュレス決済はQRコード」だと思っていたら致命的な間違いです。
また、グローバルを72時間配送でつなぐということは、アリババはどの国のリテーラーにとっても競合になるということも、おさえておく必要があるでしょう。
このシリーズは楽しみです。
こういう特集を読めば読むほど、ジャックマーの仕事はまだ終わっていないと感じます。

アリババは、まずネット通販ビジネスで大成功し、そこで得た巨額の資金で既存のビジネスを買収し、買収先の企業価値を高めてきた。

だが、デジタル化されたプラットフォーマーとしての仕上げ、新たな価値モデルの創造はまだ道半ばだ。

次を任された経営者の任務が重すぎる。
いろんな事情があったのだろうが、引退は早すぎたと思う。
“アリババを「中国版のアマゾン」と思っているのであれば、それは致命的な間違いだ。” 仰る通り。この連載でアリババのアマゾンとは一線を画す、現在地点と思い描く未来を把握しよう
#04はたぶんLuckin Coffeeのことだと思いますが、このモデルは「なるほど、確かにこれも一つのニューリテール(オンラインとオフラインの融合)の形か」と非常に面白い取り組みで、日本でも参考になる部分もあると思います。

例えばスタバなどのカフェの行列とか並ぶの嫌だし時間の無駄ですよね、それを解決するヒントがあったりします。実際に中国で店舗数も売上も非常に好調に伸びています。

記事が配信されたら一読することをお勧めします。
これぞ強固な覚悟>「アリババを創業して19年間、毎日、毎日、いつも『俺は正しいことをしているのだろうか』と、自分に問い続けました。人から好かれようが、嫌われようが、これぞと思ったことにコミットするべきです」
この連載について
ジャック・マーが創業したアリババは、デジタル空間を飛び越えて、あらゆる小売り、娯楽、金融、物流、製造業を呑み込む「巨人」になっている。その衝撃の最新レポートをお届けする。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
44.4 兆円

業績