新着Pick
295Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
演者と視聴者であれば、演者ファースト。
演者のコンテンツを高めるためのデータ解析・1,000名以上のオーガナイザー。

→共感コンテンツの演者と視聴者を繋ぐ。

プラットフォームてしてのコア取引が明確でわかりやすい。

視聴者にとって共感コンテンツ(コミュニティ)の価値が高い時代背景も合わせて考えると、多くの人を惹きつけるプラットフォームとしての成長に腹落ち。

【WE ARE LONELY,BUT NOT ALONEレビュー】
https://bobisummer.com/community-sadojima/

※核家族・会社というコミュニティが崩壊して「自由>安心」になったというはなし。
前田さんの言ってることはすごく分かる。例えば演者の起用選定を解析した期待値に基づいて行うべきというのはマーケター脳の自分は常々話していることです。

一方で、それは例えば「ビジネスになる映画」にはなれど「いい作品」になる意味ではないとアーティスト脳のもう一人のボクは悩みます。いつも。

当社のプロモーション案件の場合は前者を「予め担保できる効果」、後者を「伏線」や「伸び代」として、組合せて運用しています。そうすれば「外れない=当たる企画」かつ「当たりから大当たりへの伸び代がある企画」が作れるという考え方です。前田さんがこの辺をどう考えていくのか直接聞いてみたい。
"ユーザーファースト前提に考える時、それは演者なのか視聴者なのかという選択がある。サービス立ち上げ時に僕らが優先したのは、他でもなく、演者です。"
どちらの側に立つか。これは本当に難しい問いです。このフォーカスがブレると経営はグチャグチャになります。あらゆる決断ポイントで悩むことになります。ネットサービスは比較的ユーザーファーストで、直接サービスを使う人にフォーカスするものが多いですね。キャッシュポイントは以前は広告がほとんどでしたが、今はユーザー課金が優勢です。供給側にフォーカスするのは珍しいと思います。コンテンツがCGMであると言ってしまえばそれまでですが、ここまではっきり言うのは珍しいです。
夫婦のように、連れ添ってると顔が似てくる現象があるように、仲良く付き合ってるカップルも付き合ってる内に顔や表情が似てくると思ってます。

前田さん、恋愛のニュース流れてから、随分と表情が柔らかくなって肌も綺麗になった気がする笑

雰囲気が一般人らしからぬ感じに見えるのは気のせいですかね笑

記事の内容と言うより写真の感想なのですが笑
人間の感情を数値化するのは一般的にかなり難しく、満足度アンケートを取っても、正直に答えない、回答者が偏る、などのいろんなバイアスがかかります。

SHOWROOMにおいては、ギフティングの数が人間の感情を数値化した目的変数としてとても使いやすそうですね。
ジャパネット高田元社長は凄いです。私も尊敬してます。
観阿弥世阿弥。
演者第1主義はとても良い。私も音楽プロデューサーですから勿論
その考えです。
若い起業家でも綺麗事で、中間搾取する奴は散々みてきたので
前田さんの情熱は信用したいですね。
優先順位が明確。
御意!

>やみくもにデータを集めて解析しても、そこから価値を生み出すことはできない。
SHOWROOMの場合は、明確に定義されたコンセプトから芽を出した戦略ストーリーの幹が太い。これがデータに先行して存在しているので、データが生きてくる。この順番が大切ですね。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。