新着Pick
1912Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンサルタントも3.0!
ファクト&ロジックだけではイノベーションは生まれないわけで、コンサルタントはここが弱くなりがちだと思います。でもこれからはイノベーションを担っていかなければいけないというのは正にその通りだと思います。

一方で、この数年の業界全体の超積極採用を見ていると、イノベーションというよりもオペレーションを担う人も大量に採用しているという認識です。
つまりコンサル業界・会社に属している人の中にも、コンサルタント3.0の人と、その人が作った仕事を回す人がいるというのがたぶん実態で、全部一緒くたに把握しようとすると勘違いが起きそうです。これは特に業界に入る側も気をつけた方がいいと思います。
コンサルティング業界はその時々で必要とされる課題に対応することで100年以上の歴史を重ねてきましたが、コンサルタントのタイムチャージを請求するというビジネスモデルは大枠、変っていません。

ところが、最近、そこにも変化の兆しが。競合もコンサル会社だけではなく、広告会社やはたまたアメリカで辞めたコンサルのクラウドソーシングなど多様なプレーヤーになりつつあります。

今日から一週間、活況でありながらも、変革を模索する、コンサルティング業界の今と、それに対応する人材の条件について、あるいはキャリア戦略について、特集してゆきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
コンサルというのは「決め屋」のことで、意志決定の外注を受けるところ。そこがシンクタンクとの違い。

だから、必ずしもイノベーション屋ではない。リストラやシステムなど自社リソースで決断し難い案件を手掛け、文句を引き受ける代わりに高い報酬をもらっている。(だからコンサルは嫌われるが、それはいい仕事をした証拠)

イノベーションとは、不確実性に挑戦したまたまうまく行くことで、ファクトやエビデンス、フレームワークの外にある事だからこそ価値があるので、余程の実績と権限を持ったマネージャーか、個人であっても、経営者ではなくコンサルとしてリスクを負うのはビジネスとして難しいだろう。

コンサルに出来ることは、イノベーションの萌芽を育て、ビジネスに繋げること(インキュベーション)。受精と出産は基本的に母体(起業家や経営者)の仕事(ファーティライゼーション)かなと。
コンサルにイノベーションを起こせるのか?の問いを「経営企画部門はイノベーションを起こせるのか?」と言い換えてみるといいと思います。

前に業界を解説しました。
https://newspicks.com/news/1393179/
うおー。山口周さん、リンモチ麻野さんと、胸熱や。楽しみ!

そもそも、コンサル業界は外部から「やたらとガヤ」を言われる業界ですが、その理由は「移民だから」と僕は思います。ヘッジファンドや、コンサルティングファームにせよ、こういう「海外から日本に輸入された産業」はどうしても、反発を生まれがち。日本の傾向ですね。

でも「移民」はその国に新しい風や価値観をもたらしてくれる起爆剤にもなりえる。では、いったい外資系のコンサルティングファームは日本になにをもたらしたのか? それは「サイエンス」だったと思います。これがコンサル1.0。

やがて、時は経ち、「サイエンス」は浸透し、今、コンサルティングファームは「移民」という強みだけでは通用しなくなった。そこで「新しい風」を模索しながら、そのエッセンスをこの国にもたらそうとしている……。

……と、こんな話を、取材ではお答えしましたー!
この特集の最後「7」に登場します!
"アクセンチュアは「メディア・コンサル」としてクライアント企業の広告戦略や出稿についてアドバイスをしながら、自ら広告枠を買い、それをクライアントに売っている。その行為は、著しく「中立性を欠く」とをいうわけだ。"
ああ、そこを利益相反と言ってしまいますか。確かにそうなんですが、そうするとコンサルのマーケティング参入が成り立たない可能性ありますよね。元々コンサルのマーケティング参入はバイイングのマージンを取る事ではなかったと思うのですが、やはりマージン商売は魅力的だったって事でしょうか。
タイムチャージで商売していた人が、メディアマージンを見るとヨダレが出そうになると思います。
「コンサルタント3.0」特集、面白いですね!ちなみに誤解を恐れずに言うと、リンクアンドモチベーションはコンサルティング会社ではありません。

コンサルティングという手法にコミットしているのではなく、BtoBにおいてはモチベーションカンパニー(社員のエンゲージメントを成長エンジンとする企業)をつくるという目的にコミットしています。

創業事業は、組織診断から組織戦略、理念浸透、人事制度、人材育成、人材採用などの策定・設計の「いわゆる」コンサルティング事業でした。

そのようなコンサルティング事業も引き続き誇りを持って取り組んで取り組んでいきますが、モチベーションカンパニーの実現に向け、多様なアプローチをしていきます。

本特集で私も取材頂き、Vorkers との連携を中心にそのあたりをお話しております!10/6に記事にして頂けるようです!
「コンサル3.0」面白いです。かくありたいです。うちの会社はとにかく"Approachable”であろう、と言っています。優秀だけど人懐っこい、そういうチームであれたらといつも思います。

(記事から一部抜粋)
・上から目線ではなく、協同する知恵者
・MBAではなく、学び続ける姿勢
・生え抜き重視ではなく多様な経験
・ロジックやフレームワークではなくゼロイチの力
・要件定義通りではなく柔軟
・クライアントはお客様ではなく、コラボする仲間
コンサルはイノベーションを起こせるか、が「コンサル会社(業界)がイノベーションを起こせるか」、「コンサル会社がクライアント企業のイノベーションに貢献できるか」のどちらを指しているのか、ですね。この2つは本来同一線上にあるべきなのですが、実際には異なってきているので今回の特集が両面を兼ねた内容であることを期待します。
世の中の変数が増えれば増えるほど、価値が出しづらくなってくる職業ですよね。変数を固定すれば納品物としては筋の通った物を提供出来ますが、世の中がそういう状況ではないので。エグゼキューションまで関与出来ないと、仮説すら検証出来ないので、なかなか難易度が高くはなりますね。
この連載について
ここ数年で、市場規模は拡大。社員数を10年で2倍以上に増やした会社もあるコンサルティング業界。プロジェクトは断るくらい活況だが、異業種のコンサル参入など課題も山積みだ。人数が増えたことで、プロジェクトのテンプレ化が進み、コンサルタントもサラリーマン化したとの声もある。では、デジタルトランスフォーメーション時代に生き残るコンサルの姿とは?

業績

アクセンチュア(Accenture PLC)は、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社。2003年、再保険を営むエクソール完全子会社(PartnerRe)および2年後にBAEシステムズに買収されるソフトウェア会社(Plumtree Software)と提携、三社でいつでもどこでも情報を共有できるようなシステムを共同開発することになった。 ウィキペディア
時価総額
11.4 兆円

業績