新着Pick
323Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
新規事業とは井戸掘りに似てる。地球上のどこを掘っても最終的に水は出る。だからこそ水が出やすい地域(成長市場)で掘るのが大事。決めたら自分を信じてやり抜く。結果が出ない時にどれだけ自分を信じられるか、ですね。

ちなみにHISとは、秀インターナショナルサービスの頭文字なのか。

『歴史書から物事を大局的に見ることの重要性を学びました。暇に飽かせて本を読んでいると、「継続は力」という言葉が目に飛び込んできたのです。それを見て、「資金繰りがどんなに苦しくても、とりあえず3年はやってみよう」と決意しました。』
ーー「資金繰りがどんなに苦しくても、とりあえず3年はやってみよう」と決意しました。ーー

最近は「起業もサイエンス」で解き明かされる時代になり、プロダクトマーケットフィットという言葉もよく聞かれるようになり、3年どころか3ヶ月でダメならピボットせよ、と言われる時代、大変興味深い。

また孫さんが有名にした「タイムマシーン経営」がまだ活きていた時代でもある。インターネット、スマホによって情報の非対称性がゼロに近づきつつある今と違って、欧州で流行っている格安航空券ビジネスをいち早く日本でやる、数年はたいした競合が現われない、といった今の世ではありえない事があり得た。やったもの勝ちの時代でもあった。ゆえに当時の起業家は今のように賢い若者ではなく、相当な個性派、アウトローが多かった。
スマホもSNSもなかった時代、口コミが電波するのに半年。今なら一瞬でしょうね。
旅好きの若者たちのコミニティと言えば、今ならtabippoや少し前ではトリッピースでしょうか。
雑居ビルで、仲間も去って、みたいな状況はなかなかしんどいもんだと思いますが、「継続は力」とはやはり真理なのですね。
このエピソード大好きです。自分自身も創業期を乗り越えるときに、当時何かのメディアで読んだ澤田さんの「創業直後、お客さんが来な過ぎて暇で本を読んでいた」という話にとても勇気づけられたのを覚えています。

実際、自分も創業直後は仕事がなくて、暇すぎて本を読んだり勉強していました。今思えば、もっとやることあっただろうに、と思いますが笑。石の上にも3年と思ってやり続けると、小さな変化が生まれ、上向くものだと感じました。
お客さんが全然来ず、暇を持て余していたので、『ランチェスター経営戦略』『孫子』『武田信玄』『項羽と劉邦』『三国志』『史記』などの本をひたすら読んでいた!そして大局観を歴史書で身につけた!暇で読んだ本がすごいですね!
そういえばHISの由来について知らなかったのだが、記事の写真から「そうだったのか」と思った(笑)

航空会社のチケット、今でも色々探すと安いものが出てくる。一種の情報戦だが、当時はもっと情報ギャップが多かったのだろう。そのなかでそこに目をつけて、また市場の成長性などから考えて事業を決めていったというのは、「合理的」な意思決定プロセスに見える。
またそういう考え方は、旅行業だけをやってきたわけではなく、また「変なホテル」もやったり、常識に挑戦をするところでも用いられてきたのだろうなぁと思った。
1996年、20歳の私の初めての海外旅行インド デリー着カルカッタ発(現コルカタ)1ヶ月のバックパッカー旅行の航空券は確かHISで買いました。
探検部の仲間たちの多くが世界各地に行くのにお世話になって、アフリカやアジア諸国に行く際は大手の旅行会社ではなくHISや西遊旅行が多かったと記憶しています。
まだHISもベンチャーというイメージでしたが、大学卒業の頃にはスケールアップして、仲間内で就職するものもいました。
そのとき「HISのHって秀のHなんだぜ」と話のネタにしたことを思い出しました。

インターネットのない時代の欧米以外の海外旅行は
地球の歩き方の購入、熟読と格安航空券会社周りに始まり、大使館でのビザ取得、コレラや赤痢の予防接種など、定番の流れがありました。
現地からの安全確認も時々の電話と、滞在する街が変わったらなるべくハガキを誰かに出すなどの作法があって
当時のバックパッカーたちの青春の思い出と共にHISの名も刻まれていますね。
"山岡荘八氏の小説『徳川家康』も記憶に残っています。全26巻のうち、20巻以上をパチンコの景品で取りましたから。"
ああ、澤田さんも山岡荘八の家康を読んでいたのか。それだけで感慨深い。苦しい時こそ歴史小説ですね。奮い立つ勇気をもらえます。
ちなみに「山岡版家康」は家康を徹底的に善人に書いています。悩み苦しみはするものの、仏の化身か使いかと思うほどです。頂点に立つものがどれほど民のために悩まなければならないのかと思うと、吐きそうでした。
自分がH.I.S.の格安航空券で旅をしたのは、もう大きな会社になったあと。
『ランチェスター経営戦略』『孫子』『武田信玄』『項羽と劉邦』『三国志』『史記』『徳川家康』などを読んで、「継続は力」という言葉にたどり着いた結果だったとは。
時空を超えて、本で繋がった。
機械学習での磁気構造決定でも、局所解に留まらず大局的最適解を求めることができるようだが、どんな仕組みか理解が及ばず。

数理科学が証明する磁気構造と原子占有率の初の決定法~磁石材料、水素・電池材料の高性能化へ期待〜
https://newspicks.com/news/3494310
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。