新着Pick
253Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
お金を貯めなくてもライフシフトは可能です。
私が30歳でテレビディレクターを辞めて、千葉の南房総で農業を始めたとき貯金は確か300万円ぐらいだったと思います。
農業生産法人の給与は年収額面で240万円、住宅手当が月1万、残業手当、賞与、退職金なし。それで夫婦で暮らして、子供を3人作り
一度転職して年収360万円、住宅手当、残業手当、賞与、退職金なしの農業法人にうつり、やがて独立。
その時の預金は200万ぐらいだったと思います。

楽じゃないし、シンドイ時期もありましたが、楽しく豊かに暮らしているつもりですw
忙しいけど自宅周りなので家族と常に一緒にいて、今日も村の祭りに「若衆」として参加
自分で栽培したものを主に食べています。
東京国立市でもそんな暮らしが可能です。

お金があれば〜という思考だと結局いつまでたっても何も始められないと思います。
知り合いでもアーリーリタイアした人はいますが、そろってしばらくしてからはまた仕事を始めています。

アーリーリタイアができる人って行動力があるからこそ、アーリーリタイアができるわけで、リタイアしても行動力を持て余してしまうのでしょう。

アーリーリタイアって夢のような響きですが、実際は身体が元気であれば退屈なんだと思います。
僕も早期リタイアをずっとしたくて、追い込んでやってきました。
途中で気がついたのは経済的な問題ではなく、練習や仕事をすることが好きでお金関係なくやっていた方が充実するなってことでした。早期リタイアとかお金関係なくやりたいとか、なかなか理解されないことも多いのですが。多様な価値観があってそれでいいと思います。
個人的には自分はどうせ数ヶ月で飽きるので、その後本当に自分が良いと思える仕事だけをしたいですね。
実はそれで起業(というか独立?)している人は昔から大勢いるのではないでしょうか?

重要なことはリタイアしているかどうかではなく、人生の時間を自分がコントロールしているのかどうか。

今の働き方改革だって捉えかたによってはサラリーマンの人生の時間を自分でコントロールできる部分を増やしましょうという事ですし、結局社会は0か1でできているわけではなく、その間に無数の解があって、みんな自分にあったバランスを選べばいいのだと思います。
早期リタイアもいいが、もう少し「働く・働かない」がフレキシブルな世の中になるといいのかと。
生きるためにはお金が必要だし、寿命が長くなるほどそう。一方で、人生にはその時しかできないこともある。
キャリアの中断がその後のキャリアへの影響が大きく、また給与がない・減ることへの不安(それはその後のキャリアの展望の不透明性が高いからもあるだろう)から、結局踏み切れないケースも少なくないと思う。
アーリーリタイアというよりは、適度に稼ぎながら好きなことを好きなだけやりたい。お金のために働くのではなく、好きなことをして稼げればそれで十分。リタイアしちゃうと暇そうだしボケそうなので笑
リタイア笑
でももうしばらくしたらまた復帰しそう。
2年もだらだらしてると飽きちゃうらしいんで、こういう人は。