新着Pick
20Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
イランを目の敵にしておきながら、去年も今年も数万人規模のハッジビザをイランに対して発給したサウジアラビア。一方で断交相手であるカタールに対しては2年連続でハッジを阻止(実際にはビザの発給手続きはオープンにしたが、個人による第三国経由での渡航しか認めなかった)。

「イランとの好ましくない関係」を非難し、国交を断つように迫ったにもかかわらず、そのイランを優遇するサウジアラビアの態度は、二枚舌外交という一言では説明できない支離滅裂さを感じます。

宣伝すればするほど敵対勢力にネタを提供する形になっていて、サウジは色々な部分で機能不全に陥っているのでは?
【国際】映画『アラビアのロレンス』のダマスカスでのアラブ国民会議のシーンではそれぞれの部族がそれぞれの主張をすることで会議が紛糾するシーンがある。対立した部族長同士がその紛糾した会議を見て、「これがアラブだ!」と言い放つ。『アラビアのロレンス』から100年が経ったわけだけど、「アラブ社会」の根本は100年前と大きく変わってはいない。