新着Pick
105Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
良くも悪くも法によって保証されている独立性のある日銀の金融政策方針を政権の方針に含まれるかのように言ったことは特殊なことです。本来、日銀に任せてある、でも良かったでしょうが、言ってしまった以上はそうはいかないでしょう。うまくいけば良かったのでしょうけど、「道半ば」ですので責任は問われてしまいます。もちろん、緩和をずっとやっていていいわけではありませんが、景気回復しないならやめられません。つまりは、政権が景気回復を必要以上に請け負い過ぎたのでしょう。

物価上昇目標は日銀と政府の協定として締結されたもので、デフレ脱却に政府も一定の責任を負うことになります。日銀の目標未達について政府は何らか措置を講ずる決まりになっていますが、いずれ達成できると言って先送りする日銀に同調し何もしていません。日銀がサボっているなら監督責任のようなものがあるわけで、そもそもできっこない約束をしてしまったら、その事実を認めて政策を修正する責任があります。
経済が正常化するまではずっとやらなければいけないと思いますけどね。
そのために量から金利に目標を変更したのではないでしょうか。
この辺については、浜田内閣府参与もこのところ金融緩和に消極的な発言をされており、若干気になるところではあります。
大胆な金融緩和を主張し続けた安倍総理の期待に応え、世界でも類を見ない異次元の金融緩和を「(出口について)どうこう申し上げれば直ちに市場が反応する」という状態にまで進めた黒田日銀総裁は、「ずっとやっていいと全く思ってない」「出口戦略は黒田東彦総裁に任せている」とのお言葉にどう反応なさるのでしょう (・・? 
財政健全化が進まない状態で出口を探る素振りを見せれば、長期金利が上昇して経済にマイナスの圧力がかかるのは必定です。アコードを結んで財政健全化を約束した筈の政府に健全化の梯子を外されて、出口は日銀の責任と突き放されたように感じないでもないけれど・・・ 表立って反応することなく淡々と政策を進めるほかなさそうですが、心中、複雑なところは無いのかな、なんて思うのは下衆の勘繰りですね、多分 (^^;
現在の財政は借金財政で、出口戦略が必要だが、安倍首相も黒田日銀総裁も出口戦略を明快に示していない。東京オリンピック後は不況になると多くのエコノミストが表明しているが、不況になれば借金財政は大変な事になる。この点を三選後、安倍首相は明示してほしい。
景気が良ければ、物価が上がらなくても、出口に向かって良いと思います。
「インフレなき好景気」は理想の経済状態なので、日銀以外の人々は、皆がハッピーでしょうから(笑)。
市場が混乱しないように、市場に少しずつ覚悟をさせておく事は必要でしょうが。
善し悪しはさておき、リフレ政策というのは安倍政権の下で生まれた特殊な産物ですからいよいよリーダーがこのような方向へ舵を切り始めたのだとすれば自ずとそのエージェントである日銀の動きも読み易くなるというものです。
自民党総裁3選が見えてきて、そろそろ政権として「手柄」が欲しくなってきたということかも。
デフレ脱却策を「ずっとやって」いては、安倍政権では「デフレ脱却」という手柄があげられなかったことを自認してしまうことにもなりかねない。
この安倍首相の発言は、金融政策の出口について政府側からの初めての発言になるのではないでしょうか。実際、為替は円高で反応していますが、昨日の円安分がありますので、水準としては依然安いところにあります。
日銀が異次元緩和を行っているのは、もとを辿れば政府とのアコードで2%インフレ目標が明記されているから。異次元緩和を軌道修正するなら、まずアコードを見直すことが必要だと思います。
安倍内閣も黒田日銀も逃げの体勢を整えつつある

--

安倍政権下で世界人口に占める日本の割合はそれほど大きく下がっていないが

2012年 ... 1.80%
2017年 ... 1.68%

世界の GDP に占める日本の割合は大幅に下落した

2012年 ... 8.32%
2017年 ... 6.10%

アベノミクスは失敗だった

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/img/20160201/sanponnoya.gif

アベノミクス三本の矢のうち

- 大胆な金融政策
- 機動的な財政政策

は実施する前から「効果は限定的」と言われていたし結果もその通りになった

安倍総理が「成長戦略の一丁目一番地」と呼んだ第三の矢「規制緩和」は野党・マスコミ・利権団体の反対で遅々として進まない