新着Pick
152Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
結局、作っていくことの難しさと批判することの簡単さ、をどうカウントしていくか、ではないでしょうか?
もう一つの視点は、作っていくことの困難性とブッコワすことの容易性です。
自民党総裁はほぼ総理大臣とイコールです。夢を持たなければ面白くはないが、夢だけでは食べていけません。理想は、夢を形にできる人物ですが。
お二人のどちらが、これらの視点から見てより適格なのか、が判断のポイントだと思います。
このような討論会や演説会を通して国の課題やそれに対する各候補の考えを広く有権者の皆さんに伝えていくことが重要。議論がより深掘りされていくことに期待している。
でも、十分ではないかもしれませんが、地方の経済データ見てもアベノミクス以前に比べればそれなりにましになってると思いますけどね。
私も、実際に年間100回以上講演してかなり地方の経営者の話しも聞いてますが、それなりに恩恵を受けている企業も結構あります。
いすれにしても、拙速な緊縮政策でデフレに逆戻りするようなことだけは避けていただきたいものです。
石破さん説得力がほぼない。地方創生担当大臣の時にやっておけよと言う話の繰り返し。「9条改正より参院選「合区」解消を優先させるべき」は全くずれている。参議院竹下派と自分の選挙区エゴ丸出し。
9条2項のままだと、国際法上、自衛隊は軍隊として認められないと云う
石破さんの見解(いささか法匪的)を、安倍さんが木っ端みじんにしましたね。
現職総理の安倍さんは、善かれ悪しかれ「リアリスト」。
石破さんは??? いささか「独自の見解」の人。
討論会を聞いた、率直な印象です。
安倍総理は改めて憲法改正の意欲を示し、石破氏は少子高齢化社会への対応が重要との見解を示しました。
石破茂には「原発再稼働」を期待している

「大停電時代」がやってくる 原発停止と電力自由化で劣化する電力インフラ
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54111
見出しからは前向きな改革派の安倍氏に対し、後向きな守旧派の石破氏。だが、安倍氏の発言に目新しい内容はなく、まさに「印象操作」。自民党が真に「公正報道」を求めるなら当然問題にしそうなものだが。
メディアによるフィルターがかかった情報のみの印象ですが、石破さんは「40歳未満 < 40歳以上(むしろ70歳以上)」の姿勢を感じてしまっています。