新着Pick
463Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
参考になります。記事にある通り、インターネットの変遷は90年代後半にヤフーや楽天がリアルのモノをネットに持ち込んでB2Cが進み、次に2005年前後にmixi,DeNA,GREEなどがソーシャルメディアを発展させてC2Cでコミュニケーションをすることが増えた。そして2010年代にはスマホへのパラダイムシフトでリアルをネットに持ち込んだC2Cが増えている。

弊社も株主がDeNA、メンターが元mixi役員、マネージャーが元GREEであったりと、採用において第2陣のソーシャルメディアを経験した人材の知見が大きく活きてます。(そしてもちろんスマホ時代のメルカリから学ぶことも多い)

そして彼らから学んで導き出した採用方針は
・自分より優秀な人を採用しよう
・どれだけ優秀な人であっても、方向性が合わない人は採用しないでおこう
というところです。

スキルも大事だがそれ以上にマインドが合うかが重要だと思っています。
メルカリの採用や人のコネクションによる「人」論の記事ですが、サービス自体もそうですね。
出している商品が売れると「誰かに認められた感」(承認された)気持ちが満たされます。
「あ、私が出したジャンルの物ニーズあるな」という小さな小さなマーケット成功体験もそう。

「昼めし旅」という番組で、自分の出した野菜が「売れているか道の駅にチェック」しに行くおばあさんに出会いました。
売れていると何とも嬉しそう。それを見て、「あ!これってメルカリチェックして、売れてたら嬉しい気持ちと一緒だな」と。
アプリ、IT企業でも、「人の気持ちや欲求」を動かすものって、実はアナログ。
ミクシィでご一緒した小泉さん。「優れたプロダクトと良いマーケティングが両輪。そして、ファイナンスがそれを動かすためのガソリン」「3月にファイナンス、4月にカスタマーサポート拠点、5月にテレビCMとセットでやり抜いて」。なるほど、さすが。
「GAFA」の中でも、GAFAの共通点およびNext GAFAの条件の1つとして、若者にとって箔となる働き場所かどうか、という観点がありましたが、優秀な人材を惹きつけ続ける組織かどうかがより重要になってきていますね。

先行したインターネット系メガベンチャー各社の人材に対して、刺せるミッション、ストーリーなどの軸を設定できていたこと(創業者の視点と組織づくりまで見据えた長期構想があってこそ)は、大きな強みだと思います。
一世を風靡したメガベンチャーの経験を持ち寄って大きなグロースを達成する、というのは素晴らしいですね
【以下引用】
「それ、グリーではどうやってたの?」「楽天ではどうだった?」「ミクシィはこうだったよ」といったディスカッションが社内でよくあります
メルカリのヘビーユーザーですし、会社としても素晴らしいと思って尊敬しておりますが、いつも会社としてのメルカリに感じる違和感はここに凝縮されています。コンプレックスになっているような。アメリカだけがグローバルじゃないと思います。

〈引用〉また、米国に注力するのは、グローバル企業を目指していて、米国で成功しないとグローバルと言えないからです。
同意です。ITはメーカーや金融と違って、ヒト・モノ・カネの中で、ヒトの重要性が高い。
とっても面白い「本音」だらけの(?)インタビュー。小泉さんって、イケイケで面白いですよね。でも「インターネット業界の差別化って、「人」でしかできないじゃないですか。」というのは、別にインターネット業界でなくても、ある程度同じだよね。
メルカリ創業期の話は面白いですね。下記の引用部分はまさにその通りだと思います。
『インターネット業界の差別化って、「人」でしかできないじゃないですか』
いい記事です。必読。5ページ目のベンチャー体験者のやりとり痺れる。

コメントあとで。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.01 兆円

業績

株式会社セレクションは、千葉県を営業基盤とするスーパーマーケット「フーズマーケットセレクション」を運営する企業である。本社は千葉県市川市湊新田1-6-8。CGCグループに加盟している。 ウィキペディア