新着Pick
375Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日NHKの「クローズアップ現代+」でも取り上げられていたけど、
余剰在庫の闇は昔から業界では必要悪の常識になっています。
日本でも供給量が消費量をはるかに上回り、その差は開く一方。
国内だけでも14億点の余剰が出ていると言われています。

http://shogyokai.jp/articles/-/1077

かかる倉庫代や在庫にかかる税金も重くのしかかる上、投げ売りはブランド力を毀損するために、焼却という手段も取られているのが現状。
この余剰リスクももちろん価格に反映している。

なんでこういうことが起こるかと言えば、店舗を増やせば在庫が必要になり、
無駄に在庫を積むことが余剰を生む、という連鎖。天候や工場の最小生産
ロットなどにも左右されるため、在庫は本当に頭が痛い問題。

安田さんがおっしゃっているように、ショールーミング店舗、オンデマンド、D2Cモデルなどで解決するしかないのかしれません。
SNS施策などで他ブランドをリードするバーバリー。来週は新デザイナー、リカルド・ティッシによるお披露目ショーで以下のような画期的な取り組みを始める。
それだけにバーバリーの施策は業界全体に波及する予感がします。

『バーバリー(BURBERRY)」は、2019年春夏ロンドン・ファッション・ウイークで発表するショーに合わせ、24時間限定でコレクションアイテムの一部を発売する。現地時間9月17日の午後5時30分(日本時間で18日午前1時30分)からインスタグラム上で販売。インスタグラムのショッピング機能の活用は、同社として初の試みだ。』
https://www.wwdjapan.com/687187
バーバリーの廃棄取り止め問題。記事でも指摘がある通りこれがどこまで波及するのかは大きな問題。ファッション業界では、ビジネスモデルごと再設計することが求められます。バーバリーは毛皮使用が動物愛護団体から批判されていた、とのことなので特殊事例なのかもだが、SDGs(持続的な開発目標)が浸透していけばどこかで難しくなるタイミングは来そう。
先日のガイアの夜明けの、「余った服で福がくる」の回では対策として海外への売却と、リメイクが紹介されてました。FILAとビームスが組んだリメイク商品は面白いので、ワンポイントでバーバリーチェックをいれてリメイクするセカンドライン、みたいなのもできてくるかもですね
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/smp/backnumber4/preview_20180724.html
プラントタグをワンタッチで外せたら、ノーブランドで売れますが無理でしょうか
焼却処分を禁じた代わりの策をどうするのか模索しているところだと思いますが、悩ましいですね。
アパレルに限ったことじゃなくて、食品だってすごいし、コンビニの弁当だって凄いし、一次産業だって価格安定させるために廃棄もしてますよね。
1999年にジャーナリスト・ナオミクラインが書いた「ブランドなんかいらない」で、ナイキのエアーマックスがフィリピンで5ドルで作られてることを暴露し大きな話題となりました。
流通による中間マージン、有名人を使った広告宣伝、売れ残りを見越した価格設定。今は時代も変わり、何が本当の価値なのか向き合うタイミングだと思います。
==================
シーズン終盤では70%も値引きして販売する商品も出てくるが、「7割引きでもまだ利益が出る水準」ということはよく言われている。
こういう記事を読んで、ブランド=悪、という思考はやめていただきたい。別にバーバリーを擁護するつもりは全くありませんが、ブランド、ノーブランドすべて含めたファッション業界全体の問題である、と認識いただきたい。

2017年10月にはH&Mがデンマークで毎年12万トンの売れ残りの衣類を毎年焼却処分していたと報道され、話題になりました。

しかし、12万トンという数値が馬鹿らしく思えるのが、私達日本人が廃棄する衣料品の量。年間170万トンと言われています。


いくつか拾った数値
https://edgexpo.com/fashion-industry-waste-statistics/

https://www.google.co.jp/amp/s/www.bbc.com/news/amp/world-44968561

業績