新着Pick
175Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分が目指したい人や興味のあるものに精通した人が周りにいないほど、その飢餓感からすごい行動力が出る、という構造はあると思います。ただ、その構造に対して、環境のせいにして何もしない人と、圧倒的な行動力で人の脈を引き寄せる人との違いは明確にありますね。変数は情熱の強さの違いだけなのでしょうか。一考に値しそうなテーマです。
「20歳までに人生の目標を決める」という目標を決めたものの、目標が決まらず「お前の人生の目標は何だ!」と問い詰めたりもしてたそうです。そんな青春時代を送った人はどれくらいいるでしょうか。

さらに、目標を見つけるために慶応のSFCへ行ったり、IT企業を訪ねたり、とその行動力がまたすごい。運命は自ら切り開くというタイプですね。待つのではなく、攻める。

攻めて、攻めまくって、グリー誕生。
留学先のアメリカでインターネットに出会い衝撃を受ける経緯は、アリババのジャック・マーと全く同じですね。

留学が、この衝撃の原体験をもたらしたので、ドラッカーの説く「移る」という行為がもたらす、人間の成長へのインパクトは計り知れないですね!

後は、「好きなことを突き詰める」好奇心の大事さも、痛感します!
すごい。20年も前に、今の時代で求められているような行動力を体現されていたなんて。もちろん、今よりもそういった行動を取る人が少なかった面もあると思うものの、だからこそ尚のことすごい。ヤバい人だ。
-----
そこで、とにかくなんとかして道を切り開かなきゃと思い、とりあえず検索エンジンで「インターネット」と検索して、検索結果の上位の人に、「インターネットに興味があるのでお会いしたい」とどんどんメールを打って、実際に何人も会いに行っていました。
今思うとちょっとヤバい人ですよね。
モラトリアムからインターネットを通じて一気に仲間を作っていく展開が痛快です。日本の76世代を代表する田中さんが、このように当時を振り返ることは意義がありますね。
じわじわキテます
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。