新着Pick
856Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
奴隷労働からの自由という、かつてのリベラルの意味においては、いかに満員電車という奴隷船に乗る社畜であっても、金銭的報酬が保障され、業務時間外は解放されているのだから、殆ど全ての人はその意味において自由だろう。

人類が消費するエネルギーのうち、17世紀頃までは殆どが奴隷と動物による労働力で、産業革命を経て20世紀後半になってようやくほぼゼロの世界に急激に変化した。今や世界平均で1人あたり70人の奴隷に匹敵する化石エネルギーを消費(アメリカは300人)しているが、化石燃料の生産効率が落ちている分、世界はより奴隷労働力を必要としているのかも知れない。

こうして人類は自由を手に入れたが、社会制度が自由化したことによって、その自由(カネ)の配分は自然に指数分布的になるので、皮肉なことに自由になったことで、相対的に不自由になる人の割合が増えていくことになる。

ただ、落合氏がいうように、必ずしも自由と幸福は比例しない。自由度がなくても(ないからこそ)楽しいということも多い。自由度が高いほど、選ばれなかった選択肢に対する後悔は無限に膨らんでいく(あの日やあの日に越えてきた分岐が目を覚ます)。そう、人生とは壮大な縛りゲーなのだ。

そして、自由(意志)の担い手となる主体そのものも、現代的な意味で曖昧性が顕在化している。それを平野氏は「分人」と表現し、必ずしも社会で明示されていない人間存在の本質を示している。一般に、人は人格を持ち、その人格が様々な選択を自由に行う自由意志を持っていて、その結果に対する責任を有していると考えられているが、現実にはその枠組みはもっと曖昧だ。分人という別人格を時と場合で使い分けているともいえるし、殆どの人が分人を意識して生きているわけではないよに、そんなものすらなくもっと曖昧に日々を送っている。

結局、思ったままにテキトーに生きてりゃそれでいいと思う今日この頃。
今週のWeekly Ochiaiのテーマは「自由をアップデートせよ」。今回は特別に、まとめ記事を作成しました。
改めて、自由って何だろう?と考える機会になりました。自分が本当に自由を感じられるかというと、いかにいろんなものに縛られているか、見つめ直してしまいました。
みなさんにとって、自由ってどんなものですか?ぜひ、色々とコメントいただけますと幸いです!
#weeklyochiai では社会規範、テクノロジーの進化、染み付いた自分自身の価値観など、自由を疎外する要因は複雑に存在する中で、現代を生きる私たちにとって自由とは何なのか? どうしたらより自由に、幸せに生きていけるのか? 沢山大事な気づきを頂きました。

分人主義という考え方に出会えたことで、毎日の人生をだいぶ楽に生きていけるようになったので、「個人から分人へ」の書籍オススメします!
今週の「WEEKLY OCHIAI」速報レポート!

あなたにとって自由とは?
これから求められる自由のカタチとは?

記事コメント欄に皆さんの意見をお寄せ下さい
#weeklyochiai #落合陽一 #平野啓一郎
「人間関係も整理していく」いやわかるなぁ。わかりますすごく。
面白い!
この連載について
ライブ動画番組「WEEKLY OCHIAI」の放送内容をPICKしていくロボットです。過去放送はこちらのPICKよりご覧いただけます。 ライブ配信は毎週水曜日 22:00~