新着Pick
422Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ピョートルさんと「世界最高のチーム」をテーマに対談させていただきました!

メルカリはまだまだチャレンジャーだし、世界最高とは言えないけれど、人・組織の面においてGoogleさんのように世界からベンチマークされる企業でありたい。そうした想いの強さだけなら、僕らは誰にも負けないつもりです。

組織が最高のチームであることが、ビジネスを成長させ続ける最強の原動力になると信じているし、メルカリの最高の仲間たちとならそれができると確信しています。
心理的安全性、情報がオープンである。ミッション、バリューを個々がそれぞれの形で体現して行く。メルカリさんから学ばせて頂けることはたくさんあります。そして、それを自社で自チームでどう再現するか。

組織は一緒に働く人を選べるが、個人やチームは必ずしも選べるわけではなく、当然今ここにいる個々の力を最大化させ、かけ算しながらエネルギーに変えていく必要があり、この時にどう正のエネルギーを生み出す方向に持っていけるか。

色々試行錯誤していきたいし、常に前を向いて、考え、実行していきたいなと思います
【安心とパフォーマンスの関係性】
やっぱり心理的安全性。そのための透明度、性善説。お互いの信頼を損なう最大の要因のひとつが、「自分の知らないところで何か重要な議論がなされているんじゃないか」「こんなこと聞いたら的外れなんじゃないか」と思う心かと。あとは、どうしたってカルチャーフィッティングがあるので、万人にとって居心地のいい環境を作ろうと無理せずに、「うちはこういうカルチャーだ」とはっきり表明したほうがいいってことですね。
良い会社が現状「どう運営されているのか」の情報は溢れてきたので、「なぜその方法なのか」を読み取ることが大事ですね。
これからも“メルカリ”という器があるだけで、社内ではチームそれぞれで意思決定をして、それぞれで動いていく。そんな組織にしていきたいですね。

→会社はビジョンを持った箱で、その箱に集まる人はビジョンにコミットしつつもそれぞれのやるべきこと、叶えたいことを自由に動いていく。で、正社員もフリーランスもすごくフラットで、柔軟に出たり入ったりする。こんな組織を実現させたいと思います。小さいトライアルでも。
「ルールがなくても何がベストかを自分で判断できる人材」を採用で確保する。
環境が不連続に変化する現代において最も欲しい人材ですが、それを見極める側の力量も相当に求められると思いました。
あとで