新着Pick
404Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日のイベントでの対談で、絵本が文字と画像を同時に処理する脳の活性化に役立ってることを知って目から鱗だった。
読み聞かせがいいからといって、スマートスピーカーやCDを使って。。。というのもあるようですが、本末転倒。読むのがいいのではなく、お父さん、お母さんとのインタラクションが大事なのだと思います。が、すみません、私はファクトを持っていないので専門家の登場を待ちます。
Bookrooのレビューサイトを見てみたのですが、本が一冊ずつプレゼント包装されていてそれが子どもだけではなく親にもワクワクを与えているようです。自分の子どもだけではなく、親戚の子どもにプレゼントしたりということも。

「一緒になって楽しめる」ことはとても重要。家で子どもと二人きりという状態はストレスになることが多々あるのですが、そのような中、本を通じて自分も楽しめたら良いですよね。

毎月小さなカードが付いてきて、送られてきた本がどのような内容か簡単に説明が書いてあることも人気の理由の一つのようですね。
日本でも子ども向けの絵本の定額、定期購読系のサブスクリプションモデルもけっこーあります。ネット企業だと絵本ナビ、スマートエディケーション、エバーセンスなどですかね。

余談ですが、本のリアルと電子(ネット)の違いは、UXにあります。リアルな絵本だと子どもが読んで欲しい本を勝手に持ってきて、片付けるまでの利便性が高い。とはいえ課題もあって、それは物理的に場所を取る。年齢によって読みたい・読ませたい絵本は変わるので、ストックが多ければ部屋の中でもけっこーな面積になります。逆にネットではこの課題はない、など。

このサービスは絵本のサブスクリプションモデルという点では新しくないのですが、「選んでくれる」というキュレーション機能に強みがあるところが良いですね。日本でもブレイクするサービスな気がします。
絵本に留まらず、絵本、児童書、オトナ向けの本、と子供の興味に合わせて徐々にステップアップしていくことが大事です。外から送られてくるものを子供も大人も読むでしょうか?そこからその先の世界につなげられるのか疑問です。

いい絵本を読むのも大事ですが、子供が好きな本を一緒に選ぶ、という行為の連続が、このステップアップをするうえで肝だと思います。子供たちは意外な本を選び、興味があると大人用の本でもどんどん読み進んでいきます。
絵本のサブスクはたっくさんありますよね。
色々な媒体で紹介されていて、でも、自分の手に取りたいし、図書館もあるので、悩んだ末に申し込みにはいたりませんでした。

絵本は、内容という「情報」と、親が読み聞かせするという「体験」が本質かなと考えているので、最近はもっぱら中古。
絵本って、名品は昔からの作品が多いですし、子供のお気に入りでもなければそんなに汚れないので古書店でも状態の良いのがたくさんあるので、図書館で借りて子供がきにいったら、もっぱら中古を買う派です。
子供の絵本の定期購入サービス!
小宮山さんがコメントされている通り、親も嬉しい→家族も楽しめるというのが、サービス設計のポイントだと感じます。

小学校や中学校で読む本も、家にサブスクリプションモデルで届く→家族で読める→家族が学習コミュニティになる・・という形の方が良さそう。

あと、離乳食とかもサブスクリプションモデルが出てきそうな予感がします。(すでにあるのかな?)
「絵本の読み聞かせはしてあげたいけど絵本を選ぶのは大変!」という課題を解決したサービスですね!人気のほど、納得です!
読み聞かせの効果はとってもわかるのですが、子どもたちが好きな絵本は新作に限らず、むしろ『スイミー』や『ぐりとぐら』など何十年も前から同年代の子供たちに読み継がれている作品が多い。
だから定期レンタルでクリーニングされたものをレコメンで送って欲しい&返却したいと思いサービスを探しています。
残念ながら今あるサービスは10冊レンタルで月一万円。
一万円だせは5-6冊買えるけど毎月5-6冊増えるのも困る、
帯に短し襷に長しです。
この連載について
人生100年時代を生き抜くベースとなるのは「スマート・ライフ」。ビジネスパーソンがより良く、楽しく、健康的な毎日を送るための「新時代の自己啓発」を紹介する。