新着Pick
339Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
興味深く読ませて頂きました。僕にとっては今回の記事、学び多かったです。面白かった。

宮崎県にも有機農業の街、綾町があります。バイオエタノールはありませんが、事業のエコシステムとしては結構近いの感覚。農業1/3、視察1/3、飲食加工他1/3という売上構成が特に。
今、民泊という新たなハードルにチャレンジしていますが、循環を実現されている地域があったのですね。

>『出口があるならいいですよ』
と許可がスムーズに降りたのは、時代の流れとも合致したのかもしれないなと思いました。2013-14というと、ちょうど六次化や農商工連携が「加工しても売り先がない」と販路に苦しんでいた時期ですね。

>『奥州市からは人と装置と家賃を引き継いでいたので、収入はないのに経費がかさみ、コンサル時代の蓄えがどんどん消えていった。』
この時期は胃が締め付けられるような感覚だったはず。起業家にとってキャッシュアウトが大きなストレスです。僕も厳しい時期が長かったので、共感しました。

>『規模を求めて大きくしちゃうといずれ身動きが取れなくなるので、日本の地方に、胆沢のようなエコシステム、経済圏をたくさん作りたいですね」』
農業は基盤がない中でスケールしようと思っても、現場感がないとメッキがすぐに剥がれる特徴があります。基盤をつくり、応援者が出来てから加速した方が、上手く生きやすい特性。自分の身の丈にあった事業のスケールをするのが一番いいんだろうなと、最近は思っています。

記事を読みながら、ウチの社外取締役を務めて頂いているエムスクエアラボの加藤百合子さんと雰囲気が近いな、と思いました。
「世の中からみておかしくないことをやる。家族にも話せる後ろめたさのない仕事をする」
これが出来る人にエコシステムや応援者は付いてくるのだと思います。

宮崎日向から鹿児島志布志までを産地を回っていたので3日ぶりのNP。2日で日向、田野、日南、志布志、曽於、西都でのスマート農業勉強会、計60人くらいの主に30代生産者の方々とお会いしてきました。
データの利活用に対して生産者の方々は前向きで、Excelでゴリゴリ数字を見てきた人は、スマート農業から取れるデータの解釈の切り口に飢えています。
僕は九州で、データの利活用を通じて、農業のエコシステムを回していきたいですね。さあ、次回はスマート農業特集かな?
今回の特集記事のなかで、この方が突き抜けて凄いですね(もちろん、SENDの菊地さんも)。バイオ燃料はその技術力で十分カバーされるものの、文中有る通り、大型投資を要する米国でのトウモロコシ、ブラジルでのサトウキビへの反動から、地域に根ざした循環型エコシステムの構築が喫緊のテーマとなり、即ち、地域社会への還元度なんですよね。小さなコミュニティを少しずつ束ねて行く、ステークホルダーの生活を「昨日よりも昨年よりもより豊かにする」、それをプロダクトアウトまで完結させて行うというのは殆ど出来ない。

実際、殆どのバイオ燃料の使用先は産地から離れたところ。技術力や着眼性もさることながら、最終消費先が産地から「見える」ということ以上の還元ってないですよ。「見える」ことでキャッシュの流れもシンプルになり、より多くのステークホルダーが参加出来る環境を作り出す。一時期、生産環境を選ばず、また、油分の含有量も多く、非食用と競合しない燃料のジェトロファが注目されましたが、大きな広がりとならない理由は、最終消費先が「見えず」、よって搾取に映るからでしょう。大きな経済圏を見る時代は終わりかも知れませんね。

収益モデルの改善等は必ず解決されるはず。めちゃくちゃ応援しています!
http://shop.fermenstation.jp/

※追記
本記事、バイオ燃料を使用したプロダクトアウトと、それによる循環型エコシステムの構築が主眼であって、「休耕田」は単に見せ方として使っているだけのような気がしますね。事実、記事タイトルや導入を除き、酒井さんが最後に簡単に触れているだけ、途中からは「休耕田」という言葉自体登場しませんし、また、ご自身のコメントにも有りません。
旅人・客人・まれびととしてやってきて地域に受け入れられるためには、

①郷に入ったら郷にしたがえで地域のスピード感や、保守性を尊重する
②より遠くからの人や資源や金を引っ張って来て役立てる
③できれば成果が出ても出なくても立ち去らずに留まる、もしくは関係性を継続する

ではないでしょうか。
2009年から始まった「地域おこし協力隊」は全国の地方に数千人の若者を送り込み、1人当たり年間500万ほどの予算をつけて地域で事業を起こしたり定住したりするよう促しましたが、成否を分けたのは上記を実践できたかどうかではないかと思います。

②の「より遠くから」というのは客人の役割として特に重要だと思っています。最近は来日外国人が増えていますのでそこに対するアピールはもはや不可欠な要素でしょう。
ちょうど前職で少しサポートさせてもらったことの縁で、5年前に記事を書かせてもらったことがあります。
この時からどれだけ進化しているのか、楽しみだなー。
http://alternas.jp/work/challengers/46583
最近、私も地域の資源(エネルギー、農業残さ等)を地域で循環させて、栽培・飼育・加工することにより、農作物・食品に付加価値をつけるだだけではなく、地域資源を循環させることによる効果を分かりやすく数値で見える化することにより、ブランド化する取り組みを始めました。

地域資源循環は、地域に様々な波及効果があるにも拘わらず、地域外からは、なかなか価値を認められにくく、付加価値がつきにくかったかと思います。
CO2削減量などにより、効果と社会的な意義を分かりやすく伝えることができればとおもっています。

酒井さんの取り組み、本当に素晴らしいです。
勉強になりました!!
なんか急に化学っぽくなって、昨日までとは違う意味でワクワクしちゃいますね。笑

○休耕田をアピールする理由
一般に、「バイオエタノール」は、穀物から得る以上、「食糧資源が足りてないのに、そっちに使うんかい」というツッコミを受けざるを得ない。「現地の人がお腹ペコペコなのに先進国のエネルギーのためにトウモロコシを輸出している」みたいなやつ。その批判をかわすためには、このアピールは必須なんでは?うまいと思います。

○無農薬、無化学肥料
単純に、つぶゆたかを発酵させてエタノールを得る、という目的から逆算すると、無農薬、無化学肥料でも品質が担保できる、という話じゃないのかな?と思うけど、化粧品に使う、というのはマーケティング的には効果あるんだろうなあ。どっちみち発酵させて蒸留してエタノールを回収してくるのに、お米を育てるときの農薬は、全然関係ないはずだから、個人的にこれをアピールするのは、好きじゃないけど。

○蒸留(ガラス器具)
ていうか、エタノールって単蒸留で回収しているのか?と思ったけど、どっちみち水と共沸するから、当たり前か。
通常、バイオエタノールといえば、蒸留で粕と分離して、5%くらい残る水は、脱水剤を使って取り除いて燃料にするみたいだけど、化粧品に使う場合には、この水、残ったまま使えるのかな?そうすると、コスト的には結構安くできそう。そうだとしたら、この使い道は天才的だわ。

地味に、桐山使っててテンション上がりましたが、コンデンサが横向きって初めてみた。
https://www.kiriyama.co.jp/products.html
いやあ、こういう農業の世界もあるのですね。
本当に今回の特集は勉強になります。

それにしても「発酵」という技術の可能性は凄いと思います。
他の分野との掛け算で、どんどん新しい世界が広がっていく様は、「地域」挙げての6次産業化という感じで、地域を元気にする良いモデルだと思います。
耕作放棄地にさらに荒廃農地というのがあるのですね、知らなかったです。
うちの地方でもまさに耕作放棄地が広がっており、子供達の通学に同行して田んぼ道を歩きながら「勿体ないな」といつも思っていたところ。とても興味深く拝読しました。
エコシステム!素晴らしいですね!

「富士銀行、外資系ベンチャー、ドイツ銀行を経て32歳で東京農大の醸造科に入学した酒井がいた」
酒井さんの経歴が凄いし、その行動力に感服いたしました。挑戦の中にも酒井さんでも尻込みするタイミングがあるというのもとても興味深かったです。

「もし、お客さんがいない段階で申請をしていたら、許可が下りなかったかもしれません。申請を先送りしていてよかった(笑)。本当に奇跡的なタイミングでした」
そしてそれもその後にちゃんと繋がっている。ご縁の素晴らしさを感じます。

「休耕田はいっぱいある。エタノールのニーズもある。」
まさに!全国各地にニーズがあるように思います。今後の酒井さんのご活躍が引き続き楽しみですね!
この連載は本当に面白い!
生産のシステム自体をつくってグローバルに展開する。
今後はこの発想を持った農家が生き残っていくのだと思う。
興味深い。直感的にはエタノール事業というよりは後発の農業関連事業がうまくハマって軌道にのったのではないかという気がするが、どうか。