新着Pick
1117Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アパレル業界を取材する中で、ずっと取材をしてみたかったのが島精機製作所でした。和歌山県にある島精機は、田舎の中堅企業でありながらアパレルテックの分野で世界の最先端を走り続けています。

実際に施設内でホールガーメントを取材し、機械からニットが出てくるところを見て、その近未来感にワクワクが止まりませんでした。

こうした企業が日本から生まれたのは、とても嬉しいことですが、革新的であるが故、ちょっとした「事件」も巻き起こしています。

ユニクロの柳井さんがZOZOにキレたという話は、今のアパレル業界を象徴しているようで、とても興味深いエピソードです。これまでは前澤さんがユニクロを意識しているとされてきましたが、ZOZOのPB開始から約半年。より意識しているのは、柳井さんの方なのかもしれません。
「ホールガーメント」にスポットが当たっていてマニアックだなと思いますが、気になるのは、「現時点で柳井氏がZOZOのPBのどこに着目しているか?もしくは着目していないか?」ということ。
もし、生産背景あたりだったら足元をすくわれるかなと。ZOZOのPBは、ZOZOSUITによって、「ユーザー〜生産〜プロダクト」が一筆書きになる仕組み。
既存の小売業が、オンライン基点のビジネスモデルに再構築するのは本当に難しいことですが、これはユニクロだけでなく日本の共通課題です。
ユニクロが「謎のリリース」を出した理由は、ZOZOが提携もしていない「島精機製作所」とかなり親密な関係でZOZOのPBを発売するかのようなプレゼンをしたことが原因だとよくわかる。
島社長もインタビューの中で「我々はファーストリテイリングとしか提携をしていません。」「おそらくスタートトゥデイは、弊社の「ホールガーメント」を使ったニット工場さんと、やりとりをされているのだと思います。」とおっしゃっている。
前澤さんのプレゼンを聞いたときに島精機製作所のホールガーメントはユニクロでも使われているのでなぜ新技術かのようにプレゼンするのだろう?提携により、ZOZOのために新技術の共同開発が行われたのか?という疑問を持っていたが、このレベルならどこの企業でもやっている普通のことだ。このインタビューで社長自らが話してもらっていることでスッキリとした。
"おそらくスタートトゥデイは、弊社の「ホールガーメント」を使ったニット工場さんと、やりとりをされているのだと思います。"
サプライヤーがクライアントのことを語るのはさぞかしやりにくいインタビューでしょう。提携レベルは違うとはいえどちらもクライアントです。しかも、取材の目的は明確で対立の構図を作りたいのですから。
最後まで読むと島精機の技術の説明だとわかりますが、冒頭は対立を煽る感じになっています。
なるほどなー。ロケットのCFRP系の部品にも応用できそうだ。
個人的にはリリース部分についてより、島精機という企業についてや技術の汎用性についてが勉強になる記事。
原価について、また様々な工業製品で「編む」というプロセスが増えていくなかで、無駄なく立体成形できるという技術は汎用性がありそう。
ホールガーメントの機械は実際に見る機会が何度かありましたが、服が徐々に出来上がって出てくる様子がとても新鮮で面白かった。

カスタムと語られている要素については、正直以前から仕立て屋さんではカスタムな服作りをしてきた。
一方で、テクノロジーを活用した大量生産に引けを取らない効率化の計れるカスタム、が今後の焦点なので、一概にカスタムと言い切るよりも多岐にわたる各社がとっていく手段に注目したい。
いやー、勉強になる記事だ
手袋を逆さにしたらセーターに見えた、というエピソードが印象的でした。
物事を別の角度から見るだけでも、全く違う世界が見える事がある、という気付きを実感させられました。
PBの文脈で言えばファーストリテイリングもBTO的なプロダクトを色々試行していることが伺えました。
私が初めて島精機を学んだ頃は欧州のアパレル向けの売上が重要だったのですが、最近の数値を見るとアジア向けが売上の半分を占めており、アジアのアパレル産業が省人化・高付加価値化を進めていることが印象的です。
この連載について
小売企業とメーカーの間で「逆転現象」が起きている。スタートトゥデイが発表したプライベートブランドを、大手メーカーが真似し始め、アパレルの世界では小売が「ものづくり」の先頭を走っている。「PBvsNB」の最前線を追った。
株式会社島精機製作所(しませいきせいさくしょ、英語: SHIMA SEIKI MFG., LTD.)は、和歌山県和歌山市のニット機械製造・販売メーカー。公式サイトでは「総合メカトロニクス企業」を謳う。創業者は島正博。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。 ウィキペディア
時価総額
1,814 億円

業績

株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
9,973 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.12 兆円

業績