新着Pick

2年で黒字、3年で100店舗。最速成長ブランドの仕掛人

NewsPicks Brand Design
454Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
浅見さんは圧倒的にお客様目線であり、とても人間味があって、周りからも慕われ、尊敬されているリーダー。

馬さんはロジックや思考の切れ味は備えつつ、それ以上に共感力や想いの強さ/行動力でチームを動かせる方。

2人に共通しているのは、人を動かす力。

ストライプでは全国のお客様に向き合いながら、店舗スタッフをはじめとした沢山の社員と一緒にブランドを育てているため、年齢や立場関係なく、人を動かす力が常に求められ、実践を通して学ぶことができます。

データやテクノロジーによる変革を進めていますが、当然それだけが重要なのではなくて、人と真摯に向き合うことを大事にしている社員が多い会社です。それは今後も変わらないと思います。
石川さんロングインタビューから続けてきたストライプの連載も、一旦終了。
みなさん、読んでいただいて本当にありがとうございました。
最終回は、「アメリカンホリック」というブランドの成長を製作面、マネジメント面から支える二人のお話です。
不勉強で知らなかったのですが、服のブランドを黒字化させるのは非常に難しいそうで、2年で黒字、3年で100店舗という成長は、ストライプにしかできない、と言ってもいい。すごいことです。
……の割に、お話を聞いたお二人がすごく「ほんわか」した雰囲気だったのがとても印象的でした。
ホントにデキる人って、そういうものなのかもしれませんね。
3年で150億円に成長しているアメリカンホリック。国内アパレルでは例のない成長率。任せて良かった。
連載を通じてストライプがアパレル企業の中で躍進する理由がよくわかりました。
石川さんと仕事してみたいな!
おー、外から入ってきた人材がスピーディに大活躍しているんですね。創業者オーナー社長という太っ腹なリスク許容も一因でしょうか。一兆円という数字以上に、アパレルという分野で世界をどう変えていくのか?期待!!