新着Pick
525Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
仮想通貨を巡る実際の状況として私が最も注目したニュースの一つは、昨年12月に米国CMEとCBOTにビットコイン先物が上場したことです。

これら先物市場に上場したことで機関投資家が市場に参加する土壌ができたと考えられます。

ETFも先日SECに却下されたものもありますが、きちんとしたインフラ整備を掲げる有力なプレイヤーが続々とSECに申請しており、許可されるのも1年単位内での時間の問題と見ています。

EFT化が認められたときの市場へのインパクトは極めて大きいでしょう。

最近SECから却下されたのは米国の著名な投資家であるウインクルボス兄弟。

ビットコインETF上場をSECに申請している企業には、ニューヨーク証券取引所などを運営する米国インターコンチネンタル取引所(ICE)、さらにはすでにビットコイン先物を上場させているCBOE(シカゴ・オプション取引所)の運営会社も含まれています。

まずはプロの投資家である機関投資家の動きに注目です。
田中さんがコメントされているように、米国では、機関投資家が投資できるような土壌づくりが進んでいます。これには、仮想通貨を証券として扱い始めたことが大きいと思います(日本もこの方向に転換するかもしれませんが)。
SECの動向が大きなキーポイントになりますが、ETFなどを作る方も、顧客との接点があるゴールドマンなどの証券会社の動きも重要ですね。
海外を含めた現在の仮想通貨業界では、仮想通貨の価格が低迷していることは全く気にしていない。
むしろ、この比較的落ち着いた市場環境のうちに、数年後を見据えた事業の立ち上げや投資を着実に進めておこうという雰囲気の方が強い。
そうした業界内部の動きや考え方をよく捉えたエッセイ。
この時期に何を仕込んだかで、5年後の立ち位置が決まってくる。
価格はむしろ、このまましばらく落ち着いていてほしい、というのが多くの関係者の本音だろう。
実際に死んでいるかどうかは下期のTSMCのマイニングマシン用ASICの受注とBitmainみたいなマイニングマシンの売り上げを見れば分かるのでは。
「仮想通貨は既に死んでいる」は、とっくに死んだ発想しかできないゾンビが起きてきて言ってる台詞にしか聞こえないです(笑)
なんども死んでるなそういう意味では
ブロックチェーンを使いスイーツの世界も本物の素材をしっかり認識されその希少価値を共有できる世界になるべきです。ショコラは見た目は同じ色をしていますが、一キロ800円の物から二万円になる物まで差があります。価値の共有が今のショコラ業界には必要です。
〝同社の北尾吉孝社長は、仮想通貨市場が現在の3000億ドルから将来的に40兆ドルまで拡大するとの予想があることを紹介した上で、「10年でその半分(20兆ドル)に達してもおかしくない」との見方を示しました。″
いまの仮想通貨の市場規模って、まだまだ小さいですからね。
株と一緒、上がってる時に食いついて、下がりだしたらイソイソ売る人は全く儲からない。儲ける人はこういう時に地道に投資している人。ビジネスも同様で、最後は信念があって、やり続けた人にだけ成功が待っている。
米投資家が注目してるようだ、とだけ書けばいいのに。

ブロックチェーンとか余計な事書くから論点ズラしてるように見えて胡散臭くなっちゃう、と思いました。
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
7,333 億円

業績