新着Pick
786Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日、メルカリの決算会見に出席してきました。山田CEO、小泉社長ら経営陣が揃った会見では、記者から「黒字化の時期」に関する質問が飛び交いました。

印象的だったのは、そうした質問に経営陣が「時期は未定」と言い切ったこと。投資家の存在を考えると、「近い将来」などと言葉を濁しながらも回答してしまいそうですが、逆に明言しなかった点から、メルカリの海外展開への本気度が伺えました。

ただ、純粋な日本企業としては久方ぶりのメガベンチャーだけに、メディアや世間のメルカリへの評価はエールの意味も込めて、若干甘くなっているようにも感じます。これからメルカリがどのように正念場を乗り越えていくのか、とても興味深いです。
会社の成長にとって最も大切なものは経営者のモチベーションだと思う。

成長企業は上場がゴールのつもりはなくても、上場すると経営者は莫大な資産と周囲からの名声を手にし、自分でも気づかないうちに創業時のモチベーションを失っていく。

大手企業は社長になることがゴールになり、短い着任期間をいかに自分のキャリアの最後を傷つけないように終えるかを考え、挑戦することを避けていく。

上場企業の経営者になる時点で、一生困らないだけの金銭や名誉を手にしていることが多く、失敗して株主や投資家にボロカス言われたとしても挑戦するのは、本物の志が必要だ。

株価は最終的に経営者の器の大きさと志の高さに収斂していくと思っている。ここまで日本で成功を収めたメルカリがアメリカに挑戦するのは、志以外の何者でもない。

だから僕はメルカリと進太郎さんを尊敬するし、メルカリの今の株価なんか安いもんじゃないかと思う。
新規事業への投資の突っ込み方が尋常ではない。このフェーズで100億円以上の赤字を出しながら海外事業と国内新規事業への"Go Bold"なチャレンジ。それでいて、成長ポテンシャルの低いものはシビアに判断し早い段階でクローズの意思決定も行う。

頭ではわかっていてもできない、やろうとしても心がやりきれない、そういうことが世の中では圧倒的に多い。こういう事業における「挑戦」をしつつも、別記事にあるような組織における「安心」の仕組みをセットであわせてもっているのがメルカリの強さですね
昨日の発表からのコメントなどを見てると、上場したのに赤字拡大じゃないか、とPL脳的に見るのがレベル1、新規の投資なんだから赤字なのはむしろ素晴らしい、とそこだけで評価するのがレベル2、投資や赤字ふは良性なのか(将来の勝ち目があるのか)を見極めようとするのがレベル3、という感じですね。
その意味では、アメリカ事業についてはまだまだ見えない状況、メルペイや旅行事業についても、メルカリならではの勝ち筋は提示でしきてない状況、というのがフラットな見方だと思います。特にメルペイの決済事業については最終的には札束での殴りあいの気配もあるので、そうすると他の陣営より原資は足りない状況。他社にできない仕掛けがないと結構厳しそうな気はします。そんなことは百も承知だろうスーパースター軍団がどんな手を出してくるのか楽しみです
アメリカとメルペイの両方を責めるのに1000億は十分ではないでしょうね。

中国の決済の殴り合いは諸々を入れると2-3年で全陣営で3兆円以上を使ったと思われるので、規模を考えると日本でも1兆円ぐらいは全体で使われるだろうし、勝つためにはすごくラフに考えても3000億円以上はかかりそうな気がします。

ただ、株価が好調なので資本市場から資金調達は一定できるのと、一定規模になったらアリババのようにメルペイを切り出して資金調達をすればいいので、おそらくその方向性にするのではないでしょうか?
良記事です。

昨日、メルカリの決算資料を読みながら、そこに書いてあること、書いていないことを読み解いていたのですが、こちらの記事に大切なポイントがきれいに網羅されていて、最初からこの記事を読めば良かったと思いました。

将来の黒字化のタイミングに注目が集まるのは自然なことですが、そこは本質的には企業価値と関係なく、私自身はむしろ営業CFの伸びに注目しています。
国内伸び率と比較されてしまう海外展開ですが、それでもやっぱり応援したくなります。中々ここまで信念持って攻める投資ってやりきれないので、是非成功して欲しいですね。
相変わらずこの1分間まとめはとてもよくまとまっています。どんな記事を読むよりも全体像はこれでつかめます。

国内事業が好調ではあるものの、海外事業の赤字が国内事業を上回っています。営業CF、投資CFはマイナスであるものの、上場と借り入れで財務CFは大きくプラスになっていて、まだまだ成長途中である企業の姿が浮かび上がってきます。
メルカリさんの存在が刺激になっている企業は多いと思う。この1.2カ月で少なくとも僕が知る限り、とても素敵な人事の人たちが入社し、グローバルの採用を加速させてます。自分もやらねば
今日の株価は-10%ほど。市場的には、もっと成長期待が高かったが、それがみれなかったということ。
とはいえ、元々バリュエーション的には期待モリモリで上場したように自分には見える。ひとつの決算でこれだけ下がるなんて短期主義だ、とこれだけをもって言うべき株価の変動ではないと思う。株価はあくまで期待値とのバランス。
https://newspicks.com/news/3234746
https://newspicks.com/news/3232799
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。