新着Pick

厚労省、曖昧な残業理由を認めず 上限規制の実施で明確化求める

共同通信
厚労省、曖昧な残業理由を認めず 来年4月から罰則付きの残業時間の上限規制が実施されることを受け、厚生労働省は9日、時間外労働(残業)や休日労働に関する労使協定(三六協定)に特別条項を設け、労働者に月45時間を超える残業をさせる場合の...
197Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ナンセンスという声も出てきそうではありますが、「量的規制」で働き方改革を進める以上、こうした行政方針にならざるを得ないでしょう。日本のように圧倒的に同調圧力が強い職場環境を踏まえると、いきなり「成果があれば自由にしてよい」という「質」の世界にジャンプするのは難しく、プレミアムフライデーでも早帰り日でも、まずは「量」から着手せざるを得ないという現実があるかとは思います。
45時間を超える残業理由に「業務上やむを得ない場合」は認められなくなるとのこと。理由はなんでもつけてしまうことができるような気もするが。対応する方としては面倒が増えることに違いない。
もちろん、厚労省の職員が残業するときは、「曖昧ではない理由」を示すのでしょうね。
いくらでも屁理屈をつくれそうですが、こうした方針を少なくとも発信しておくことは良いことと思います。
早く厚生労働省を分割して欲しい

厚生労働省の分割は時代の要請
https://reut.rs/2OB21RG