新着Pick
199Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
少なくとも直近のXperiaの売上減は、拘り云々というそんな高尚な話ではなく大失敗作Xperia XZ2シリーズの売り上げ低迷によるものです。

家電量販店で触っただけでわかりますが、軽量、ベゼルレス、薄型ボディが主流な中、何故か前作XZ1より分厚いボディを採用。
ベゼルも競合機種よりはるかに広く、カメラもツインレンズ当たり前のハイエンドスマホの中で、未だにシングルレンズ。
重さもXZ Premiumとか重さ236g! iPhone Xでも174gなのに!日本メーカーがアメリカより重くて大きいもの作ってどうすんですか。

そしてデザインは色々意見はあるでしょうが、ソニーらしい格好の良さがなく、見た瞬間に購入意欲がなくなりました。
正直言って一体何を考えて今時こんなものを作ったのかさっぱりわかりません。

私は結構なソニーファンだと思うので、全て愛ゆえの苦言と受け止めてほしいのですが、こんなコンシューマーニーズを丸無視したものを、技術の拘りだとか言っているのでは、本当にファンから見放されてしまうと思いますよ。
別に流行りを追わなくてもいいですが、少なくとも何か尖った点とソニーらしい格好良さがなかったらダメだと思うのです。

そろそろ登場が見込まれているXZ3シリーズ、シリーズ10周年での刷新が期待されているXZ4シリーズがどうなるかが、今後のソニーモバイルの分水嶺となるのではないでしょうか。
是非次こそはカッコいいソニーらしい携帯が見たいです。
一言で言えば未だにプロダクトアウト思考が強いということですかね。一番の特効薬は年間投入機種を絞り込んで(例えば年間2機種)、狙ったマーケットに確かな製品を届けることではないでしょうか。量で勝てる領域ではないので、スマホ市場のユーザとの対話が重要だと思います。
中国で二台のソニーのケイタイを買っている。
使いやすいと思った。
現在、iPhoneを使っているが、やはりソニーより使いやすい。
ソニーのケイタイは安いが、安いからみんな買うのではなく、使いやすさは重要。
なぜソニーが使い安いケイタイが作れなくなったのか、
理解できない。
技術の過剰があるのか、むしろ技術はかなり立ち遅れていないのか。
スマホサイドから見たときには、自社センサー事業をうまく活用できていないと見えるかもしれない。
一方で、自社製品を優先してれば、半導体は稼働が命ゆえに、部品事業としてうまくいっていなかった可能性が高いと思っている(下記で書いたこと)。同じく稼働が命の液晶で、シャープが自社パネルを自社テレビに優先したゆえに巨額のパネル投資を回収できなかったのと同じ構造になりうる。
https://newspicks.com/news/3190998

とはいえ、スマホについて、人事含めて取り組みが変化しそうな兆しがある。
それがソニー全体としてプラスにでるかマイナスに出るか含めて、見ていきたい点。
https://newspicks.com/news/3210901
頑張って欲しいですが世界でソニーの存在感は確実に下がっています。
原因は技術への過剰なこだわりとか色々言われていますが、私はスピード感の違いが一番だと思います。
海外ではこだわると言う発想はありません。常に走りながら考えるというスタイルで動いています。
ソニーに限らず日本式のこだわりは世界の流れに逆行しています。しかし、それが、間違いなのかは分かりません。
こだわりが大好きな日本市場があるのは間違いないので、日本中心に生き残っていくのも良いかもしれません。
テレビもパソコンもスマホもSONYを使ってます。10年前まではSHARP狂でしたが、この10年間はSONY狂です。なんか思想レベルで好きなんですよ。

ただ、そんな私も次買うスマホはSamsungになりそうです。宗教的に「Xperia以外は検討すらしない」と思っていたほどですが、最近の中韓メーカーの技術力は魅力的です。

スマホや家電って、そのメーカーにどっぷり使った方がメリットが出ることが多いです。海外メーカーにロックイン状態になるのは何だか複雑な気持ちです。
半年周期の新機種発売、いつまで続けるんだろう。一般的な購入周期よりも早くて、買い時は分かりにくいし、進歩も小幅になり伝わりにくい。
なんだか日本メーカーあるあるな感じだな、と思います。
いろんな判断に時間がかかりすぎてるのではないかなー。
あくまで邪推ですが。

業績