新着Pick
137Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
銃だけでなく、鍵なども映像中にちらっと映るだけで3Dプリンタで複製できてしまいます。

知り合いが試して、出来が悪かったのか「スーツケースはあいたけど、鍵が抜けなくなった!」と言ってました(笑)。

空港職員が使うTSAロックのマスターキーの写真から3Dプリンターで合鍵を出力して本当に解錠できることが発覚
http://gigazine.net/news/20150911-3d-print-luggage-keys/
市民社会が国を監視し、転覆できる権利を持つという考え方がアメリカには根強くあると聞きます。
日本は国家のみが暴力装置を振るう権利を大多数の国民が認めているということで、アメリカ人的な視点からすると「そんなに国家を信じちゃっていいの?」と見えるのかもしれません。
しかし結局武器を持ってしまうと使いたくなっちゃう誘惑に逆らえない人もいるから実際には無関係の人が殺傷されることとなりがちなのでしょう。
人間社会の根本的な考え方にまつわる件ですが、日本では「民はあまり難しいこと考えず真面目にエライ人から言われた通りに働け。」がベースでここまで上手くやって来ている部分もありますね。
「自由」には「義務と責任」が必ず伴います。
このように何でもかんでも「自由」を叫ぶ人間に欠けているのは「義務や責任」に対する意識の欠如です。

ただ、これだけ加速度的に技術が発展していけば、彼がやらなくとも他の誰かがやるでしょう。結局行き着くのは高度管理社会ということに。
国家というものに対する考え方の問題。

私はこの問題に対する根本的な解決策は、国民というユーザーが国家を自由に移動できるようにし、その結果として国がユーザーにとっての利便性を競争するようにすることだと考えています。

打ち手として武力を持つのはあまりにも副作用が多い。
興味深い。これだけで何時間か議論ができそうな記事。
3Dプリンターが広まることには賛成です。表現の自由も公共の福祉に反さない限り、保護されるべきだと考えます。

しかし’銃所持の権利’を保護することまで必要かどうか。ネットのおかげで銃所持が認められていない国の人でも3Dプリンターで作れる銃、リベレーターに接触できることになります。国家と市民のあり方、人の命と表現の自由の優先順位、ビットコインはOKでなぜ銃はいけないのかなど争点がたくさんありますね。ウィルソンに尊敬していると言われたピーター・ティールが、どんな風に感じているかも聞きたいところです。
米国でリベレーター程度の拳銃が広まったところで大した脅威にはならないだろうし、日本では肝心の弾丸が手に入らない。ただ表現の自由の問題になると途端に複雑になる。今後、フルオートのライフルから爆弾、さらにはそれをドローンに取り付けるような設計図まで出回ると、国としても制限せざるを得ないだろう。
ネット上で3Dデータたくさん出回ってるのでそれをダウンロードすればなんでもつくれるよね