新着Pick
120Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いくらなんでも偏った記事だと思います。
今、東京にいるので確認できないですが、帰ったら調べてみたいです。
普段フィリピンのセブ島で生活している、肌感覚ですがそのような事はありません。
上半身裸を取り締まるとか、路上でお酒を飲むのを取り締まると言うのは非現実的です。どれだけ警察がいてもできません。
それに、記事ではとても悪いイメージで書いていますが、実際に住んでいると、外国人から見てもそれほど不快なことではありません。
ドゥーテルテ大統領のことはキツク書く方が注目されるので、このような記事になったのではないでしょうか。
今回は根拠を示せないので説得力がありませんが、私はそう思います。
多くのアジア、アフリカ、中南米の国では、経済や治安を含めて、「社会をどうにかしてほしい」という大多数の国民の要望があります。彼らの自国政府への評価は、「誰がやっても変わらない」「誰もが身内の利権のことばかり考えている」といったものです。フィリピンのドゥテルテ大統領は、「確かに他の特権階級と違う」と支持者たちからは評価されています。
 先進国の人間であれば、こういう途上国への処方箋は、教育をはじめ、社会保障を充実させて、貧困層の社会経済的地位を向上させる、というものを思いつくでしょう。しかし、フィリピンやパキスタンのような大土地所有制を含め、特権層に圧倒的に富が集中している国では、貧困層への分配を行おうにも、よほどの強権が必要になります。もっとも、ドゥテルテ大統領が強権をもって社会改革をしているというわけではなく、今のところは、麻薬業者などを射殺したり大量逮捕したりしているだけです。こういう国では、麻薬問題は致命的に深刻ですが、もともと教育も仕事もない人間が麻薬に関わるので、教育も仕事もない状況が変わらないとさほど社会の改良にはならないでしょう。ドゥテルテ大統領の評価は、そういう貧困や教育の大規模な改善をできるかどうかにかかっているでしょう。
マニラ在住の私もびっくりしました。フィリピンローカル社員に聞いて見ましたが事実のようです。

大都市のスラムエリアで夜間路上でビールを飲んだり、立ちションをしたりすると浮浪者、徘徊行為とみなされ逮捕されブタ箱に入れられる。しかし翌日には釈放される。
以下は去年の記事ですが、今年6月に法制化されました。
https://www.rappler.com/nation/182749-duterte-arrest-loiterers-drinking-public

悩ましいところなんですよね。ドゥテルテはフィリピンを変えるために、Drug Warやミンダナオ島でのイスラム紛争で殺掠を許可、数千人が犠牲になっています。人道的には問題があるのは明らかですが、ほとんどの国民は巨悪を解決するには小悪(とみんなは思っています。これはこれで別の問題)の権利を無視するのは致し方ないと。

一方で、行き過ぎではという声が出始めているのも事実です。今年4−6月の政権満足度指数は58と初めて横ばいになりました。満足は69%、不満は11%で不満層が増えたようです。満足度指数とは満足から不満をくを引いた値で70以上は「極めて満足」、50−69「非常に満足」。ドゥテルテ政権は2017年10−12月は過去最高の70を記録していました。

うちの若いスタッフが2週間前に「ドゥテルテ政権下の戒厳令に気をつけろ」的企画を持ってきたときは驚きました。事実が明らかでないのにやると風評になるしFAKE NEWSとして扱われると行って押さえましたが、背景にはこういうこともあったのかと改めて思いを新たにしている次第です。フィリピンは深いです。
外国から見たら野蛮にしか映りませんが、国内では一定層の支持をとりつけているので、外からは伺いしれない状況でもあるということなのでしょう。
政治は短期・長期の国民の幸福のためにプラグマティックに行うべき。
好き嫌いはあると思うが、外の国の文化や思想で評価するべきものではない。

フィリピンにお住いの方のコメントや国民の支持率、マクロな政策骨子を見る限りは評価されるべき結果を残していると思います。
NY Timesのこの記事ですね。観光客はまず行くことがないし、行ってはいけない場所、トンド地区のことだけの話。

https://www.nytimes.com/2018/07/21/world/asia/philippines-duterte-crackdown.amp.html