新着Pick
759Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「 もし情熱があるのであれば、なぜ仕事を楽しめる場所で働きたいと思わないのか?」ロブ社長のこの問いにはハッとさせられました。
「多くの日本人は会社にとどまりたいと考えていますが、同時に職場で幸せでないと感じています。これは一見すると不幸な出来事ですが、一方で、彼らには“会社を変える力”があることを忘れてはいけません。人は仕事から学び、仕事を楽しめる環境で働くべきです」

いやあ、ホントですね。言われてみれば確かにWhy Japanese peopleです。
メルカリのCorporate Solutions Engineeringチームも即時性・ユーザビリティを常に考えてくれています!最高です>こうした即時性やユーザビリティは、既存のシステムには大きく欠落していた部分です。
これは必読な内容。管理されるとネガティブに見るのではなく、日常的におこる個人の変化の状態をあらゆるツールからのアップデートで把握し続け、個人の活動の成功を支援していくと捉えて、情報を供給、共有する。人事のメッセージ一つでも受け取り方は変わりますね
デジタル化が最も遅れているのが人事部門。その結果、人財の棚卸は、属人的判断が多くなり、派閥や本流側の人が優遇され、そうでない人は実力に関わらず冷遇される。その結果、会社が変化ができなくなる。デジタル化(見える化)は、変革への第一歩だと思う。
『100年間継続してきたことを、今後の100年間も成功させるのであれば、必ず変化が必要だということを理解しなくてはなりません。』

本当にその通りです。変化してきたから今があり、未来のために変化をしていく。いまになって始まったことでもなく、これからも続いていくことなのです。

そして常にアップデートが必要なのもその通り。導入までに3年を要するシステムとかありますからね、、、
組織学習にイノベーションを起こすのは、Linkedinを買収したMicrosoftに期待。
この連載について
「採用」「配属」「育成」「評価」「組織」など、人事や職場の未来が変わろうとしている。AIが企業と人材をマッチングさせる、アプリで即時に同僚を評価する、今何を学べばより仕事がうまくいくのかを機械がレコメンドするーーetc. HRテックの進展により、これまで労務管理が中心だった人事から経営と一体化した「攻めの人事」が可能になりつつある。その背景には、各社で繰り広げられる熾烈な「ニューエリート獲得戦争」があった。本特集では、テクノロジーを駆使した、ニューエリートの採用術、引き止め術、評価の方法などについて、深彫りしてゆく。
株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。国内最大の電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
3.54 兆円

業績