新着Pick
162Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かに昨夏にデリーに行った際、非常な暑さを感じました。ただ、4、5年前に行った南部のチェンナイの方が暑さが厳しかった記憶があります。

個人的には北アフリカの暑さが一番印象に残っています。夏に2ヶ月程チュニスに滞在したのですが、暑さと疲労で腹痛と嘔吐。病院行きに。英語/アラビア語の辞書を手に取り、慣れないアラビア語で説明しました。

チュニジアは避暑地として人気があるようですが、その地でさえも。
インドと言っても広く都市毎に違います。デリーは実は北にあり冬は4-5℃まで下がります。
一方でインドのシリコンバレー、弊社の拠点もそこですが、バンガロールは南です。が、標高が高いため、一年中過ごしやすい気候です。それがグローバル企業を引き寄せ、IT産業が発展した一因という説もあります。

シンガポールは赤道ほぼ直下で一年中暑いですはずのところ、この数日は高層階では肌寒いくらいの涼しさです。
地球がおかしくなっている事を実感しています。
カタールをはじめ湾岸諸国では7月〜9月の夏場は日中最高50度を超える日が続きます。
それでも死者が出たという話は殆ど聞きません。
それは「11時〜16時という最も気温の上がる時間帯での屋外労働の禁止」といった法的対応や、「12時過ぎに一旦業務を終えて、16時過ぎに再開する」といった民間企業の勤務体系、そういった「高温」に対応した生活パターンによるところが大きいでしょう。
インドにしても、あるいは日本でも、従来の暮らし方では対応しきれない時代が来ているということです。
"診察に当たった女性医師は腹痛の原因を同定できなかった"

40℃を超える環境下に長くいるとヒトの体-組織-細胞がどうなるのか、まだ詳細には分かってない事が多いようです。(少なくとも耐えられるようにはできていない。)

そういう意味で東京オリンピックのマラソンは壮大な人体実験になる可能性があるかと。
コンクリートとアスファルトで固められてエアコンの排熱も多い都市部の方が気温上昇の度合いも大きいのは、世界の多くの地域で見られることでしょう。対策としては、ビルの密集を避けて緑化を進めるというのが代表的なように見受けられます。もっとも、それで劇的に気温が下がるわけではないですから、中国の南部やシンガポール、バンコク、ジャカルタなどでは、日中に外を歩くのを減らすのが最大の対策で、オフィスや商業施設ではエアコンをガンガンかける、というのが基本的なライフスタイルになっています。外国人労働者のように、そういうライフスタイルに与れない人々もいますが。
 インドだと、全ての人がエアコンをガンガンというライフスタイルに移行するには課題があまりにも多いでしょう。資源の面だけでも、あまりにも膨大になります。当面は、これまでもそうであったように「昼間は活動を控える」というのが最も多くの人々に可能な対策なのでしょう。
45度のエジプトで10日間をすごして痛感したのは、こんな暑さじゃ経済発展の障壁でしかない…ということです。工事現場の人達がずっと日陰で昼寝しているのが印象的でした。インドだけでなく、長期では世界へのマイナス影響は大きいでしょうね。。
打ち水や浴衣で凌ごうとしている日本よりも科学的なアプローチを取っている。
ここまで極端でないにしても、日本だって他人事ではないですね。
やはり地球規模で対策を考えないと限界がある。大量の二酸化炭素を排出することで、将来の世代が住めない地球になってしまうのを避けなければならない。
暑さはもとより、今後増えると考えられる水害も、貧者を狙い撃ちにします。
インドのように貧富の格差が大きい国では、多くの庶民が気候変動対策や都市防災の枠外に置かれがちとなります。