新着Pick
209Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
5:55のルール。最初の5分で思いを語り、残りの55分は対話に使う。「聞く」ことが平野社長のコミュニケーションの基本となっているそうです。

リーダーになると、周りの人たちをに自分の思いを語り、自分の考えで染めようとします。思いを伝えるためには相手の考えと波長を合わせる必要がある。そのためには、まず「聞く」こと。

聞くために、アンテナを張る。すると色々学べる。学びながら、ともに成長できる。なるほど。
"私はスペシャリストではありませんから、どれだけアンテナを張り、周りから学べるかがすべてだと考えています。"
それが経営のスペシャリストだという事でしょう。
専門がないとおっしゃるものの、切り取り方の違いなだけであって、ご専門、なのだ、と感じます…

「門外漢が未知の分野にチャレンジして、必死に勉強して手足を動かして、ストレッチして。それで数年すると、だいたいの全体像が把握できて、自分のやり方で成果が出せるようになる。それを繰り返し、繰り返し、繰り返してきたキャリアだと思います。」

それと↓… 最近、現在このポジションの方の記事、どこかで読んだような…そういうサクセションプランなのかな…と妄想しました。

「仕方なく帰国すると、命じられたのはマーケティングとオペレーションの担当でした。」
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。