新着Pick
244Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本人は「小さなゴール」をめざすけれど、「大きなゴール」にチャレンジする人が少ない。その通りですね。自分の能力に枠を設けている人が多い。

社会を変革したい、という「大きなゴール」があれば、大統領にも会いに行こうという気にもなるし、ネジの一本にもっと創意工夫を使用という気にもなります。

えっ?ボクの「大きなゴール」ですか?それは、「キャッシュレス社会の推進」と「レスキュー精神の浸透」です。
"彼らはみんな自分が働く上での目標をはっきり意識していたし、だからこそ、強烈にインパクトを求めていましたから。"
それがいわゆるハングリーという状態ですね。モチベーションややりがいをどうこう言う前に生活力があります。日本にないのは当然です。衣食住が満たされていますから。生活のために働いているだけではもったいないだからこそビジョンが必要ですね。
「でも、日本はそうしたいわば「小ゴール」は大切にするのに、働く目的とも言える「大ゴール」を設定していない人が少なくない」というのは痛い指摘。しかし、これを遡ると「大きなゴールを持たなくていい。目の前の仕事をしっかりやれ」という上からの文化もあったように思います。上から出てくるものが「売上昨年比120%」というような、ビジョンではなく単なる目標で、その中で個人単位で大きなゴールを描くのは意外に難しい。

これは働き方改革などでも同様で、定時退社という目標にこだわって、なぜそうしたいのかという目的を感じられないものが多い。本来はそこに実現したい社会へのパッションと大きなゴールがあるはずですが、それを感じられないものが日本には多いなと。

従業員がパッションを感じる大きなゴールがあることは本当に重要だなと実感します。そして日本人はそれが上手くないからこそ、もっと意識して行わなければならないのではないかと最近強く感じます。
『「日本の社会変革に貢献すること」が私の大きなゴールです。』
ステキですね。

インパクト志向と大きなゴールですよね。これから、というか、今も既にそうだと思うんですが、そうじゃないと人が集まらないし、売上も増えないんですよね。

売上目標”だけ”しかないと、目先の売上を取りに行くため、どうしたって会社としての打ち手も社員も下品になってしまいます。
「インパクト志向」と「大きなゴール」を意識することの大切さ、日本人の小ゴール志向、とても共感する。会社勤めに限らず政治家も起業家も、我々VCも。アジア各国の起業家や中国のインベスターと日々触れ合い自戒する毎日です。
私が常日頃から様々な人に質問している「何のために働いていますか?」に即答できる人はなかなか居ないのですが、平野さんは「日本の社会変革に貢献すること」と明確な答えを持っていました。やはり、この規模の企業のとトップともなると、規模が大きすぎですが(苦笑)。言い換えると、この様な明確な答えを持っていれば、生活スタイルとワークスタイルを見極めることができるので、ゴールに向かって一直線に走れるのだと思います。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。 ウィキペディア
時価総額
91.6 兆円

業績