新着Pick
290Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
どんな時代も手数が大事ですよね。

わかりやすいところでいうと、メール/チャットに打ち返す数と、こちらから新規メール/チャットを打つ数の割合。

管理職として部下が増え続けても、自分発信を減らさない。それだけは意識しています。
失敗に対する向き合い方を考えさせられます!
・失敗を成功の準備と捉える
・失敗は自分が決めるものだと捉える
・失敗から学習して次の行動にすぐ移る
・失敗をバカにする人の声は無視

>つまり、失敗というのは、他人が決める「表面的」なものだと思うんです。何か目標に到達しなかったときに、「あいつは失敗した」というのが典型的な例ですよね。
けれども、本質的な失敗というのは、他人ではなく自分が決めるもの。自分がそれを失敗だと認めないかぎり、失敗ではない。
目標に到達できなくて諦めることもあっていい。前に進むこと、新しいことを貪欲(どんよく)にやり続けることだけ、諦めなければいいと思うんです。
バナナトリップとは後年、意外なところで再会しました。
昨日「まさにそうかも」という話を聞いたのですが「低すぎる目標を達成してしまうことは危機である」と。その目標達成で満足してしまい、そこから成長しないという意味なんだと思いますが、なるほどなぁと考えさせられました。

今回の話はそれに通ずる内容ですね。

以下引用
“これがもし中途半端に成功して味をしめていたら、事業を拡大して、そのあと大きな負債を抱えてしまったかもしれません。その手前で気づかせてもらえたのはラッキーだった”
失敗というのは、他人が決める「表面的」なもの。

→共感します。これは成功も同じ。
芸工大の学生、ナイスサプライズ^_^
「失敗というのは、他人が決める「表面的」なものだと思うんです。何か目標に到達しなかったときに、「あいつは失敗した」というのが典型的な例ですよね。けれども、本質的な失敗というのは、他人ではなく自分が決めるもの。自分がそれを失敗だと認めないかぎり、失敗ではない。目標に到達できなくて諦めることもあっていい。前に進むこと、新しいことを貪欲(どんよく)にやり続けることだけ、諦めなければいいと思うんです。」(記事引用)

人生とはプロトタイピングの連続。それがライフデザインの発想。一つひとつのプロトタイプは文字通り試作品であり、テストするための仕掛品。失敗し欠点を見つけることが大前提だ。しかしそれだけではない、プロトタイプを作り実験する過程で、かならず失敗や欠点の奥底にほのかな可能性の光があやしく美しく輝いている。他をもって代えがたい素晴らしいものの片鱗が見え隠れしている。そのことを無意識の深層で確信する純粋性さえ保てれば、人間はいつでも前進し続けられる。
こういった失敗経験、ホント貴重…と感じます…
面白いんだけど、端々にバブル感がしてイマイチ共感はできない。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。