新着Pick

iPS細胞から高品質血小板 京大グループが新手法

京都新聞
ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から臨床に耐え得る高品質な血小板を大量作製する手法を確立したと、京都大iPS細胞研究所のグループが発表した。血小板を作る時に培養液に乱流を発生させる過程が重要といい、マウスの生体内で血小板が産生される仕組みを応用した。米科学誌セルに13日、掲載する。
2Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました