新着Pick
17Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
雨は上がっても、広島県各地で避難指示が出されています。
そもそも「ため池」があるということは、基本的には雨が少なく、ため池に頼らざるを得ないという地域です。
そのエリアに今回大雨が降ったわけです。
普段雨に慣れていない地域であり、
また、ため池としては大雨に耐える力を備えていないのは当たり前です。

ため池には種類があり、近代のダムと同じように山の地形を利用して一ヶ所だけ堤でせき止めて造ったものと、平地にため池部分を掘り下げて周囲を盛り上げ、四方を堤防で囲った「皿池」と呼ばれるものがあるようです。

専門家によると、雨が止んでも危険性が高まり続ける可能性があると指摘しています。
ため池に長期間、水が大量にあったため、堤に水が浸透。
もろくなって決壊したということです。

ため池が決壊して、亡くなった方もいらっしゃいます。
自分のところは安全だ、と見誤らないようにしてください。
避難指示が出された場合はすぐに避難をするようにしてください。

二次災害にも警戒しなければならない事態が続いています。
何とか決壊せずに持ちこたえて欲しいです。

また、避難指示を受けた方々は、決して「安全バイアス」にとらわれることなく指示に従って下さいね。
「自分だけは大丈夫」と思うのは一番危険です!
昨日から報じられている心配なニュース。
「広島県内には、ため池が兵庫県に次いで全国で2番目に多いおよそ2万か所」あるとのこと。
避難指示が各地でているようです。