新着Pick
967Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ウォールマートはいよいよ西友を見限ったようです。ウォールマート側からすると「西友」看板の同社を傘下にしていてもメリットがなかったからでしょう。売却先が気になりなるところ。流通大手では結局同じことの繰り返しになると思う。ネット大手がリアルとネットの拠点とするならば面白い展開ができそう。
西友はウォルマート傘下になってからの展開がとにかく早かった印象。調達基準もグローバルで統一、こと国内では当初、ロットが少なく一方産地要求が多く、生産者泣かせでしたが、例えばコストコが同じ調達基準にしたことで、卸先は違えど、横展開が可能になりました。ウォルマートと共にグローバルを牽引してきたイオンも同様の運用形式を採用しており、これら企業との親和性はこと生鮮において高いのは事実ですね。セブン&アイは運用規格が異なるため(実質国内仕様)、厳しいような気が致します。

一方、どうしても注目されるのはEC事業。自前で大型のコールドチェーンが組めないAmazonはまだその土俵に乗ってすらおらず、生鮮の国内市場を取りに来るのなら確実にスーパー運営企業と提携してくるでしょう。楽天は明らか、コールドチェーンのノウハウ不足。

ヤオコー進出で火蓋切る「都内スーパー決戦」
https://newspicks.com/news/2529975

こちらにもコメントしたのですが、TBSラジオによる昨年6月に実施された人気スーパーに関する調査があり

スーパーマーケット最強はどこ? 3位は「SEIYU」、2位は「ヤオコー」、1位はあの激安店
https://www.buzzfeed.com/jp/tatsunoritokushige/supermarket

都内では良く知られる"Everyday Low Price"の「オーケー」。3位のSEIYUがネットに活路を見出そうとしているなか、例え首都圏限定でも2位のヤオコー、1位のオーケーが舵を切らないはずがない。全国規模ならCGGグループも含め、この4つが完全に空きました。争奪戦、要注目ですね。
リアルを重視するなら楽天が買う、そうでなければイオン、セブン、ユニーファミマか。

WalmartにとってはECを重視していく中で、楽天を買収するか西友を売却するか、いずれにしても振り切った方向に行くべきフェーズだったようには思う。
楽天の時価総額は1.1兆円。金融のリーチもある中でもはやバリュー株になりつつあるようにも見える。そういう意味では金額的に買えないことはない。検討して買えなかった・買わなかったのかもしれないし、もしくは日本の市場性を考えたときにそもそも注力地域ではなくなり西友のエグジットが経営課題だったのかもしれない。
ただ1月に楽天と提携して、このタイミングで売却に動いているというスピードは早い印象。

日本ではないがWalmartの変化については、ECでの取り組み含めて、昨日の下記日経ビジネスの記事がオススメ。変遷が伺える。
https://newspicks.com/news/3163404
WMTはデジタルシフトの原資として海外では事業売却をしていました。先日楽天との提携を発表したときに、買い手探しに来たのではないかと薄々察していましたので、この動きに不思議はありません。手をあげるならイオンかドンキでしょうかね。

追記
岩田さんのおっしゃるように中華系を絡めてヤフーとアリババのJVが買う、なんてこともあるかもしれませんね(その場合楽天との提携は破棄でしょうか)。
また売上7000億円で買収金額が3000-5000億円というのは負債次第ではありますが、安くはない印象だったりします。
これも時代の流れですね。ウォルマートが西友を買収する時も大きなニュースになりました。ただ、その一方で国内ではあまりパッとした成果は残せなかったように思います。
ついに諦めたか…
楽天の西友との提携は、もっといい提携先があったはず
アリババ(阿里巴巴集団)がダークホースという気もいたします。
売却が実現すれば、売却額は3000億~5000億円規模になるようだ。現在、流通大手や投資ファンドなどに売却の打診されているとのこと。ウォルマートと楽天のネットスーパー事業の拠点がどこになるかも気になるところ。
西友にある、多分、ウォルマートゆえの商品が好きだったので、リアルに困る。
西友のネットスーパーが日用品部門がECから無くなって(楽天に移行したけど)、日用品はアマゾンで買うようになりました。大きな動きに確実に左右されてる一消費者です。
ワインのボトルが1本298円で売ってて、味もそこそこ美味しかったのが衝撃でした。。。ウォルマートが売却するとなると、エブリデー・ロープライスはどうなるんでしょうかね?

業績

業績