新着Pick
621Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
delyはとにかくアクセルの踏み具合が半端ない。2017年3月に30億円調達して、そこから1年経たずにさらにもう30億円強を調達して、そしてそこから半年で、同業他社を買収するとほぼ同時のタイミングでYahooのグループ傘下へ。同じベンチャーに身を置く者としては、スピード感もあわせて衝撃です。

Yahooは2012年に井上さんから宮坂さんにバトンタッチして「爆速経営」を打ち出したあと、EC革命で手数料無料化するとともに、「異業種タッグ」の名目のもとに各カテゴリーのトッププレーヤーと提携するオープン化戦略を打ち出しましたが、今回のdelyグループ化はある意味その流れも汲んでますね。

食のECは、型番のEC(家電など)と違って寡占化が進みにくくAmazonにも全然対抗できるし、また非効率なバリューチェーンをひっくり返すことでまだまポテンシャルがある領域。delyの今後の動きにさらに注目ですね
日本語がわからないインドネシアの友達が、クラシルを使って、料理をしていると聞いてビックリしました!
チャンスは、海外展開も含め、たくさんあります。
物販のためだけに、Yahoo!と組んだのではないと思います。
いづれにしても、頑張れ!
ヤフーもなんだけど、どうしても上場子会社、それを目指すってのがしっくりこないんだよね。。
速報記事でコメントしましたがほぼ予想通りの内容ですね。
ライバルはクックパットではなくアマゾンでしょう。
1兆円企業、本気で期待してます!
https://newspicks.com/news/3165059
1年前にこの領域は資金調達力が命運を分けるのではないかとコメントしました。
この点でdelyから見れば、ヤフーの資本力を活かす機会を得ることができたのではないでしょうか。
単純に考えて、この規模の事業としてはこれだけ巨額の調達を繰り返していたことを思うと、堀江さんのマインドシェアも資金調達に相当割かれていたはず。それが軽減されたというだけでも、delyにとっては後押しになっているのではないかと思います。

https://newspicks.com/news/2449815/
レシピ動画というメディア事業だけで狙えるのは“1000億円企業”が関の山だとも話す。1兆円企業となるためには何が必要なのか。堀江氏にとってその答えは、モノを売るサービスを手がけ、人々の生活のインフラになることだった。つまり、食の領域におけるEC事業への参入だ。
記事から逸れるが、今回の買収、ヤフーは既存株主から買い取ってdely自体へのキャッシュインはないが、今後さらに増資をしていく(ヤフーの持ち分の比率が高まる)と思う。
昨日の開示を見ると、実績期は売上3億円・営業損失30億円。ユーザーは獲得しているがキャッシュも燃えている。ビジネスを維持拡大するには資金が必要。ソフトバンクなどから調達した現金が一定残っているだろう(記事に「数十億円」と述べられている)が、それとのバランスでヤフーが増資をしていく形になっていくと思う。
「1000億円企業で終わるのではなく、1兆円企業をつくる」。
すごいですね。

資金調達も含め、意思決定のスピードと、勝負に出るときの大胆さが半端ないです。

大きなリスクをとって大きな勝負ができる人こそ起業家として成功できるのでしょうね。

食品ECビジネスにおいて競合が続々と参入している中、どんな戦い方をするのか。
今後も楽しみです。
堀江さんと昨年の試合当日にお話しさせてもらったことがあるのですが、勝負度胸が段違いな人だなと感じました。勝負のスピード感が段違いで勝負勘がいい。
ECもそうですが、他にもクラシルには多くのポテンシャルがあると思っています。多様な料理方法を提示することで人々の健康意識に影響を与えたり、このように食材の売れ行きを左右し、マーケティングツールとしても利用されたり。「70億人に1日3回の幸せを届ける」という同社のミッション達成までの戦略を描けている堀江ゆうすこ氏に今後も期待したいです!Good luck!
『日本最大のレシピ動画サービス「クラシル」、レシピ動画の配信で 豆苗の出荷量が前年比160%に。豆苗ブームを牽引』
https://www.atpress.ne.jp/news/130848
株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
4,725 億円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.32 兆円

業績