新着Pick
292Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
明らかに世界の医療を先取りしている企業です。

微医は患者のビッグデータを実際に活用して診療に役立てており、これからデータを収集しようとする世界の流れを数歩リードしています。

これを可能にするのは、患者データへのアクセスが厳しく規制されていないという中国特有の事情によるものです。

微医は13億人のビッグデータに支えられたAIを用いて、オンライン診療、そしてオフライン診療も行います。

現在の微医の概要は以下の通り。
・評価額 55億ドル
・登録ユーザー数 1億6000万
・1カ月のアクティブユーザー数 2700万
・2700カ所の病院、24万人の医師と連携
・10のオンライン病院を運営する免許
・2016年の売上は12億元(約200億円)

日本はまだ患者カルテの共有をどうするのか議論が始まったばかりで、実際に運用されるまで数年、そしてデータが蓄積されるまでさらに数年かかるため、微医は日本の未来の縮図とも言えます。

今後、注目していくべき流れです。
Facebookのつくる"Social Graph", Googleのつくる"Knowledge Graph", Amazonのつくる"Product Graph"など。WeDoctorによる"Medical Graph"みたいなコンセプトと考えると面白そう。

究極の個人情報なので規制も厳しいとは思うけれど、こういうもので医療費とか社会保障費が減らしていけるのであれば、日本でも(というか日本でこそ)本気でこういう領域に投資をしていくべきなのではないかと。
若干大げさ&提灯記事的な側面がありますね。。。微医の杭州のクリニックは、特にウェブサービスとは連動していない、普通のクリニックです。小売と比べれば、ですが、まだまだオンラインとオフラインとの連携は進んでいない印象です。
平安保険が国内の病院とマネージドケア的な仕組み導入のトライアルをしていたりするので、平安好医生の方が歩みは早そうに思いますが、それでも、やはり思ったより遅いな、という印象です。
"中国の病院の多くは、国営の薄汚れた病院で、医師の平均年収は1万ドルに満たない"。

これだと、日本みたいに理数系に秀でても医学部に行くという事は起きないですね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
88.5 兆円

業績