新着Pick
256Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
議論のルールを3つ挙げているが、私はもう一つ以下のものを加えたい。
「④感情的な修飾語を付けて参加者に不快な思いを抱かせない。」

実例として、「②おっさんみたいに人の話をさえぎらずによく聞く」の「おっさん」。この言葉がなくても、内容は十分通じる。
結論に至るまでの経緯がよく分かりませんでしたが、恐らく連載で説明してくれます。

面白い点は、日本で「プライバシーなき時代」や「透明な時代」が最近、議論になっているよう(もしかしてNPだけ?)ですが、欧米はもう、この議論が終わって「透明な時代」という概念は批判され、フェイスブック事件後は更に批判され、これから我々のプライバシーを取り戻すためはどうすればよいかという議論に移りました。

もちろん、あんな難しい議論を一行でまとめて単純化したい気はありませんが、プライバシーなき透明な時代を最も称賛する方(エリック・シュミット氏、ザッカーバーグ氏…)はどれけ自分のプライバシーを守ろうとしているかのを知っていれば、ただの「do as I say, not as I do 」ってことですね。
①難しい言葉を使って煙に巻かない
②おっさんみたいに人の話をさえぎらずによく聞く
③全否定をせずに違いを指摘して、建設的な議論をする

「人の話をよく聞く」というのはフツーのマナーでなく、もはや能力なのでしょうか。
傾聴に特化したカフェができたら流行りそう!
建設的な議論の場にいると、意見の違いは新たな気付きとしてありがたく受け取ることができます。

逆に、代案のない否定は例えその指摘が的を得ていても、受け入れがたく感じてしまいます。
何が言いたいかよくわかんなかったので自分の頭が悪いのかと思ったけどコメント欄見て安心したおっさんです。
モラルの効いた社会を自律的に成立させるて意味ではむしろ理想の世界。芝麻信用もそうだが、まともに生活していれば馬鹿はみないはず

> 多数者が少数者を監視することが起こっているとして、これを「シノプティコン」と呼ぶ