新着Pick
1720Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
人は自由になるためにおカネを稼ぐんだけど、時給が2倍になった時、2倍の物を買うか、働く時間を半分にするか、どっちの自由を選ぶのかな?
仮想通貨でも、株でも不動産でも、他の人の能力に乗っかることで、楽して「資産運用」をするということは、本質的には投資ではなくて、ただの消費なのではないかーー。亀山さんのインタビューの中でも、この部分が一番心に響きました。

投資というのは、ただ金をだすのではなく、そこに汗や苦労を伴うものだという話はとても説得力があります。だから仮想通貨も、ギャンブルのように消費することと、その技術を学ぶことは別物だということでしょう。

DMMの創業者の亀山さんが露天商からビジネスをスタートさせたことは有名ですが、やはり自分の働き方というのは、自分のお金についての哲学を直接築くものだなと改めて思います。私も会社員ではあるものの、新聞社や出版社を離れて、ニューズピックスに来てそういった感覚は自然と変わっているように思います。
個人的に印象に残ったのは↓のあたり。お金論というよりは、お金を稼ぐことを通した働き方の認識論。

- これからの時代は、会社の寿命より、人間の寿命のほうがずっと長くなる。稼ぐのは「自由」のため
- 年収1000万円を超えたあたりから、収入の価値は薄まっていって、稼いだ分に応じた豊かさを感じることにはならない
- 何億円ものお金を稼いだ人たちが事業を続ける理由というのは、最後はもう好奇心だけ

たしかに、ある一定レベル(年収で約800万円くらい)までは確実に個人の幸せと年収は相関関係にあるが、それ以降は相関関係がない、むしろ負の相関になる、という話を聞いたことがあります。

あと昔、冨山和彦さんがキャリアを語るイベントに出たときに、「自分の市場価値=マーケットバリューの7割で買える自由を意識しろ」という話をしていてなるほど、と思ったこともあります。

最近流行りの『転職の思考法』で書かれていることとも似た論調ですが、最高の自由は、自分の好奇心にあわせて、自分の意思とタイミングで、自分の時間の使い方について主体的な選択ができることなんでしょうね。
余計なお世話ですが、「俺は手数料をもらうために、仮想通貨の仕事をするっていう感じかな」とおっしゃるのであれば、資産運用について「楽をして稼ぎたいから、誰かの言うことを信じて、カネだけ出してカネを増やそうとする」などと揶揄するような発言は避けたほうがよろしいのではないでしょうか。

この手の発言は資産運用にたいする偏見が大いに含まれていると個人的に思いますし、仮にこれを是とするとそれこそそういう楽して稼ぎたい人たちから手数料稼ぎする商売をご自身がされて助長しているに他ならないわけですから。
僕は亀山さんの話が本当に好き。毎回なにかを気づかせてくれますし、自分が考えるヒントがあります。今回も改めて考えようと思った。

”豊かになったときに、人は2つの選択がある。時給が2倍になったら、2倍の物を買うか?働く時間を半分にするか?そこだけは真剣に向き合ったほうがいいと思うよ。”
『何億円ものお金を稼いだ人たちが事業を続ける理由というのは、もう好奇心だけだと思うんだ。だってアマゾン創業者のジェフ・ベゾスなんて、どうやっても一生使い切れないわけだから』

例え収入が数百万円であっても、原動力は同じ。
収入は自分の才能の「結果」であって「目的」では無いと思う。
好奇心、向上心の無いところには進歩が無い。
「まあ、俺は手数料をもらうために、仮想通貨の仕事をするっていう感じかな。」

事実そうなんでしょうけど、それを言ってしまってよいのですか・・・との感想を持ちました。
「年収1000万円を超えたあたりから、そうした収入の価値は薄まっていって、稼いだ分に応じた豊かさを感じることにはならない。」

自分の必要な金額を超えたところからは金額で幸福度は変化しないと思います。稼ぐことをモノサシにして辛かった時期があるからこそ、余計にわかります。辛くて格闘技をしていても楽しいと感じないことがあった。
「豊かになったときに、人は2つの選択がある。時給が2倍になったら、2倍の物を買うか?働く時間を半分にするか?そこだけは真剣に向き合ったほうがいいと思うよ。」

豊かさとは、という問い。
「俺の指示に従えー!」と言っていた上司が、「自分の創造性を磨けー!」と言い出すよ。自分のことは棚にあげてね(笑)。
そんな光景が目に浮かびます。
この連載について
仮想通貨の浸透が、「お金」の正体を社会に問いかけている。日本円や米国ドルなど法定通貨ではなしえなかった、新しいお金をつかった「経済圏」を作ろうとする主人公たちに、NewsPicks編集部が直撃するオリジナル特集。