新着Pick
237Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
編集・校正を担当しました。アベノミクスがもたらした超金融緩和の副作用からか、昨年あたりから「消費者被害型」の倒産が目立っています。数ある倒産案件の中で、今回取り上げたジャパンライフの被害金額は群を抜いています。2000億円という金額は、和牛オーナー商法で問題になった安愚楽牧場(負債4330億円、2011年破産)に次ぐ規模。金の地金による悪徳商法で社会問題になった、あの豊田商事(負債1300億円、1985年7月破産)を大きく上回る規模です。

ジャパンライフ代表の山口氏は記事中でも触れた陳述書の中で、「当社は安愚楽牧場や豊田商事ではない。組織的な詐欺商法ではない」と反論していますが、陳述書を何度読み返しても最後まで納得できる説明はありませんでした。当然ですが、東京地裁、高裁は当社の破産開始を決定しました。実態解明は破産管財人による調査に委ねられることになりましたが、刑事事件化するかどうか、第二、第三のジャパンライフが出てこないかなど、倒産記者として今後も継続して取材を進めます!
【経営】このシリーズ好きだなぁ。「会社がいかにして潰れるか」という記事は帝国リサーチのように、企業信用調査をしている会社でもないと書けない。こういう記事はどんどん出してほしい。
こんなのに騙されるわけない、と思いつつ、たまにこういう記事を見ることで騙されないように気が引き締まるのが大事ですね。

やっぱりいろいろなんかすごそうなことを言われても、自分にとって何が損得でそれが起きたり起きなかったりする可能性(リスクとか)をきちんと判断できないものには手を出せないですよね。

それはビジネスでもプライベートでも同じこと。
事実不告知だけでなく、不実告知や詐欺行為も指摘されていました。
こういう悪質商法の場合、一般論ですが、業務停止命令や経営破綻を予め想定して、それまでに稼いだ莫大な利益はとっくに別法人や親族などに移転、経営者本人はのうのうと過ごし、被害者は泣き寝入り…というパターンが多いですよね。
このシリーズは毎回勉強になる。

下記記事によると、情報弱者向けサービスは思いのほか多いとのこと(対情弱ビジネス、対情強ビジネス、情弱から情強に引き上げるビジネス、の3つに大別できるらしい)。

https://newspicks.com/news/3118633/

また、繁松英輔さんのコメントにおける、ネットワークビジネスは富裕層(情報強者)と貧困層(情報弱者)の二極化しているというのも大変興味深い。

>前者は幅広く人脈と情報を交換しあい互いに成長しえるのですが、後者は大元から提供される一方向の情報だけでビジネスが展開されるため、情報の受け手がよほど賢明でない限り、「言われるがまま」の状態が続き搾取する側される側と言う構図が描かれやすい。

なるほどなぁ。
ありがとうございます!
繰り返し起きている詐欺事件。事件として明るみに出れば、なぜそんなビジネスにはまったのかという疑問しかでてきませんが、動いている間、中にいる人達はおかしいと思わないようにビジネスができているのでしょうね。
情報の非対称性をベースに作られたビジネスの一つに、ネットワークビジネスがあると思います。

資本主義社会の中で、中央集権的な生活を何十年もし続けた人にとっては、生活を豊かに変える数少ない選択肢になってしまったのではないでしょうか。
磁気笑
詳しく知らないので推察ですが、会員はレンタルで稼ぐと言うことで、問題はレンタル資産の資金負担を会社が負うのか、会員が負うのか、恐らく後者なのでしょう。
経営透明性とレンタル資産の価格が不当に高くないことが、個人が身を守る上でのポイントだと感じます。
> そもそもジェパンライフのビジネスモデルは、新規顧客から獲得した資金を既存顧客への利払いに回すという自転車操業を前提としたものと指摘されている。

これ、。マドフも牧場も捕まった ponziスキームってやつですよね。。
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル倒産連載。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。