新着Pick
297Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
社員数の減少にはやむを得ない事業縮小(リストラ)と戦略的撤退(事業ポートフォリオ整理に伴う売却など)がありますが、今回のランキングには双方のタイプがみられます。
第一三共はインドの後発医薬品事業売却が主要因で、営業赤字に陥っていたとはいえ後者に入るでしょう。J.フロントリテイリングも、スーパー「ピーコック」の売却や、不動産事業重視の戦略転換が表れています。
一方、ルネサスエレクトロニクスは「人的合理化」としていてリストラを行っています。
5年間で91%減という驚きの数字となっているユニデンも、2012年度に5,246人という大幅な事業縮小がありました。
パイオニアは、不調だったAV機器事業もシェア1位だったDJ機器事業も売却。
ただし、企業業績をみる上では、リストラによる社員数の減少自体よりも、その後の収益性や1人当たり売上高の改善などが重要になります。
その辺りについても今後取り上げていきたいと思います。
例外はありますが、このランキングのトップ20を見ると、過去10年間で産業のパラダイムシフトの波をもろにかぶった、数々の有名企業が並んでいることにハッとさせられます。トップ解任劇のあった三越伊勢丹、業績は好調でもハードメーカーとしてかなり苦しんだソニー、そして買収されたシャープなど。

一方で、人数が多いことが、これからの時代の有力企業の条件では必ずしもないかもしれません。

デジタルテクノロジーの浸透で、よりフレキシブルで、素早く動きをするといった企業経営が、何十万人という社員を抱えている企業にできるのか、日本以外の国でも大きく問われているテーマでもあるでしょう。
なかなか激しいランキング…1万人以上の企業はそもそも大企業で一定の年数が経っている企業が中心にならざるをえないとはいえ、厳しめの企業が並んでいる。
ただ、ルネサスは経営危機を経て、いまはかなり回復をしている。そのように、ターンアラウンドが進んだり、これで退職した方が新しい産業や勢いがある企業に転職をしているケースが増えていると嬉しい。
米国でNASAの予算削減→金融機関でロケットサイエンティストといった流れや、Nokiaの経営が悪化してフィンランドのスタートアップシーンが盛り上がっていったなど、事例には事欠かない。
産業の栄枯盛衰は間違いなくあるので、それによる人材移動が、ただただプラスに出て欲しい。

あと、昨日コメントしたことだが、人財が減っているということは、逆に言うとその企業・業界内での仕事の需給(人数の需給ではない)はタイトになっている。リストラがある場合は年齢が高いかたが中心になりがちだし、若手として入って修羅場含めた経験を早期に積むという「逆張り」も、大変だしハイリスクハイリターンではあるが、一つの考え方。
GMの新CFOに39歳で就かれるスリヤデバラ氏は、まさにそういったキャリアの作り方の代表例だと思う。
https://newspicks.com/news/3099251
雇用を増やしているところはどこで、減らしているところはどこか?を知るのは大事です。なぜなら、個人キャリアにとって安定につながるエンプロイアビリティ(雇用される力)を高めるためには、雇用を増やしている人が誰(どこ)で、その人たちとのネットワーク(接点)や求められる経験やスキルも把握する必要があるからです。

雇用を増やしているのは、起業家がけん引する新興成長企業や大企業でもイノベーション領域なはずなので、その意味でも、新産業領域で働くことの意味があります。
ちなみに、総務省の労働力調査ベースで見ると、この5年間で雇用者数が減った業種は、建設業、電気ガス熱供給水道業、娯楽業、林業の順となってます。
今までが多すぎたのです。まだまだスリム化しないと世界では戦えない。しかしながら、数ではなく質です。企業の中枢となるべき人財をいかに外部から採用するかが同時に課題。脂肪を落とすだけではなく筋肉もつけないといけないという事なのです。
面白い視点ですね。
見てみるとやはり M & A による増減が大きいので、人数に加えて一人当たりの生産性を何らかの形で見るのも面白いのかと思いました。
5年間の社員数の変化を見て企業を評価する、これは面白い分析の角度だ。
代わりに5年間で社員数を増加した企業もあわせて教えてもらいたい。
事業売却、選択と集中などもあるので、人数減ったから勢いがないとは必ずしも言い切れないですが、それにしてもこうした数字のまとめはあるようでなかったので、とても興味深いです。
未上場企業のランキングをまとめても面白そう。弊社の147万社収録のデータベースを使って、レポートにまとめられるか一度トライしてみます!
この連載について
ビジネス・経済に関する最新の話題を知るための、NewsPicks編集部オリジナルのランキング連載。
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.59 兆円

業績

シャープ株式会社(SHARP、英語: Sharp Corporation、中国語: 夏普電器有限公司)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、台湾・鴻海精密工業傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
9,259 億円

業績

業績