新着Pick
121Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
一加(OnePlus)は、中国ではかなり人気です。
値段は林檎(アップル)のほぼ半分ですが、他の中国国内メーカーのケイタイより高いです。
二つのシムカードが入れられ、これも便利です。
どこのメーカーが出したケイタイか、分からないし、なんでこんなに人気が出るのか、よくわからないですが、とにかく人気です。
むかし、小米ケイタイが出た時も同じです。そんなに長く続くとは思わなかったが、今はすごく有名なケイタイになりました。
ケイタイの世界ではあっという間に変化が出ます。
一加(OnePlus)は、確かに中国で人気ですね。

OPPOの副総経理(副社長)が、2014年に創業してからジワジワと人気が上がってきてます。

JDや易迅、自社ECサイトで販売しています。
意外にも、天猫では専売店での販売になってますね

JD:https://mall.jd.com/index-1000001947.html
自社EC:http://www.oneplusbbs.com/

5月17日に発表された、一加手机6(one plus 6)も人気が高いようです

2017年度のスマホ売上は、約14億ドルと発表しています。

小米(シャオミー)やOPPOには遠く及ばないものの、急成長中ですね

スマホ以外にも、イヤホンやスマホケース、充電コードなどを販売しています。

これから、どう成長していくのか、楽しみですね
OnePlusが安価で高品質、ハイスペックのスマートフォンを継続して販売出来ているのは、製造を委託しているOPPOの技術、品質も大きく関係していると思います。

インドでは、OnePlus 5がAmazonの高価格帯スマートフォンカテゴリーで、販売シェアトップ。Oneplus 3の時は、フィンランドの通信事業者(Elisa)でベストセラー端末となっています。
OnePlus 6の良い点は、標準のandroidに近いOxygen OSで、快適にGoogle標準の機能が使える所にある。ただ、同時期に発表となった、Xiaomi、vivoのフラグシップに比べると、先進性という点では見劣りします。一時期のXiaomiのハイエンドに見られた、独自機能が少なく、価格以外に特徴の無いスマートフォンに近づいている感じもする。

中国企業は凄い改善速度で急激に追い上げていますが、Apple、そしてSamsungも簡単に勝てる相手では無いです。過去のOnePlusと同じ様に、最新機種が圧倒的評価を得られなくなってきた。OnePlusは「T」のモデルで大きく変化してくる。半年後のOnePlus 6Tに期待します。

『A New View - OnePlus 5T Launch Event Live - YouTube』
https://www.youtube.com/watch?v=lTQlbULOrCg
https://youtu.be/lTQlbULOrCg?t=2h5m14s

『OnePlus 3 is the hottest smartphone right now for Finnish carrier Elisa』
http://www.androidauthority.com/oneplus-hottest-smartphone-finnish-carrier-elisa-715488/