新着Pick
16Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
書きました。

政府が示した新しい外国人在留資格案と、その周辺で強迫的に反復される「移民政策ではない」という呪文のような言葉を唱え続ける理由について。

今この国で起きている「大きな変化の構造」とは?同時に巧みに残される「変わらない核」とは何か。歴史的な文脈から考えてみました。

ここ数年で起きた以上の大きな変化がこれからなし崩し的に起きていく可能性があります。しかしその変化を前にして政策をつくる政府はなぜ「移民政策ではない」という呪文を唱え続けるのか。

大切なのは、しっかり民主的なコントロールが効いた形でこの変化を起こすことです。それが、外国人を一人の「人間」として受け入れる社会をつくっていくことの第一歩だと思っています。