新着Pick
339Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
すでに2019年卒者については総合商社の面接日程は終了し、雌雄は決した頃でしょうか?私が就職活動をした四半世紀以上前も、総合商社の面接開始時期は早く、青田買いはかなり早い時期に終わってました。

このように優秀とみなされる学生を囲い込むことに長年に渡って成功している総合商社。NPでは、学生の就職人気ランキングを揶揄する声も大きいですが、商社人気は私は必然と思いますし、今、私が大学生でも商社は有力な志望先になると思います。

拙著からの抜粋記事ですが、あくまで商社の学生人気については導入ですので、最後まで読んで頂けると幸甚ですmm
収益性や創出してきた株式価値の割には労働分配率が高く、従業員に優しいので、従業員として働く場として人気があります。

なお、ヒト・モノ・カネの経営資源の配分がいびつで(コングロマリット)、 PBR 1.0xを切った株価を放置していて、株主に優しくない業界という印象です
実際に学生に聞いてみると、給与水準が高い、金融等よりも役職定年が遅い、ビジネスのスキルが身に付きやすい、転職に有利、等々の意見がありました。
総合商社は投資会社になった結果として正確には「投資会社+グループの事業各社」という構造になりつつあるわけですが、投資事業の性質上、あまり人は要らない構造になるはずです。実際に若手の声を聞くと、投資先のモニタリングの数字チェックや資料作成などしかしてないケースも増えていると聞きます。

なのに絶大な人気というのは、やっぱり情報の非対称性がある上に、結局はブランドと給与みたいな理由が大きいのではないかと思います。

あくまで、人による、配属による、のでしょうが、必ずしも転職しやすい、とか市場価値が高いキャリアになるわけではないと思います。特に、将来ベンチャーで事業を作りたいとか起業する力をつけたいという学生にとっては、事業規模が違いすぎますし、真反対の世界と思った方が良いと思います。
ちょうど、GMでHBSを卒業されて2005年の経営が厳しい時期に入社、39歳でCFOになる女性の報道があった。
https://newspicks.com/news/3099251

人気業種・企業には人気になる理由もある。でも人気=チャンスの需給的には不利という側面もある。あとは単純に個人的には感覚だが、人気とかではない価値観でキャリアを作ってチャンスを掴んでいる姿はただただカッコイイ!
まぁ、こういう価値観もキャリアを重ねるなかで芽生えるものなのかもとも思う。何を隠そう、自分は終活の時にその時に人気だったコンサルや投資銀行ばかりを結局受けていたし(汗)
【経済】「総合商社は「総合事業投資運営会社」と言った方が適切だ」という点が最も重要かな。ただし、事業投資運営会社のモデルは総合商社「だけ」が実践しているモデルではなく、最近は大手製造業も取り入れているモデルだと思う。日経新聞や日経産業新聞などを読んでいると、大手製造業による事業買収や出資の記事が出てくることは珍しくなくなってる。
間違いなく言えるのは総合商社にいる方は素晴らしい方が多いと言うことです。人材の宝庫ですよね。これからは人材の流合化が起こり、いろいろな業界に人材が流れていくと良いと思います。
もっとも総合商社は望まないでしょうが、、、
労働分配率が高いのは、株式持ち合いの効果なのか〜