新着Pick
235Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
FOMCの結果が公表されました。市場の識者のコメントなどをみても(①)、当初の予想よりもタカ派(利上げ推進に強気)な声明となりました。特に、声明文における今後の政策運営方針の後半部分(4段落目)がばさーっと削除されているのが目につきました(②)。こうした背景には、3ヶ月前と比較すると足もとの経済が堅調に推移しており、経済の現状評価を緩やか(moderate)から堅調(solid)に引き上げたことや、経済指標の予想も、失業率の見通し引き下げ、物価の予想も引き上げたことがあります。また、ドットチャート(メンバーによる金利予想)をみても、年4回(あと2回)が主流になっています。こうした状況をうけ、市場の予想も年4回が51.7%(日本時間7時現在)と半数を超えるまでになりました(昨日の段階では40.1%)。
テクニカルな点では、事前の情報発信通り(③)、政策金利の上限金利を形成するIOERのレートの上昇幅を5bps引き下げました(1.75%→1.95%)。ターゲットのレンジはかわりませんが、IOERをフルで25bps引き上げずとも、金利水準を維持できると判断したかたちになっています。


①FOMC:識者はこうみる
https://newspicks.com/news/3000327

②声明文の新旧比較
http://on.wsj.com/2z9TPCl

③米5月FOMC、追加利上げ「近く」正当化との見解が大勢=議事要旨
https://newspicks.com/news/3048680
取りも直さず論点は「中立金利との距離感」であり、カーブの逆イールド化が目前と迫る中で、どこまで引き締めモードを続けられるのかという我慢が試される局面に入ってきました。これまでの「まだ緩和状態だからちょっとずつ利上げする」という局面が明確に終わりつつあるという事実を踏まえた上で、株・為替・金利の各資産市場を読むことが重要になってきていると思います。

現在は明らかに潮目が訪れている最中であり、評論家然とした向きが「為替(や金利、株価)はランダムウォークなので予測しても無駄」のような無責任なことを主張するのが非常に不適切だと思います。
米国は今年2回目の利上げを実施。年内あと2回利上げも市場の予想の範囲にあると思います。しかし米株の反応は下げでした。中央銀行の声明から低金利の継続を示唆する文言が削除され(これも想定範囲だと思うのですが)、株式市場もここからの金利上昇を無視できなくなってきたという印象です。
この影響は景気が良い米国よりも新興国に大きいと思います(ブラジル株は比較的大きく値下がりしています)。今日は欧州でも金融政策を議論する会議がありますので新興国の通貨と株価、そして仮想通貨の値動きに注意を払う1日になりそうです。
発表直後に10年債利回りは2.95%→3.01%まで跳ね上がったが、その後は落ち着いて、2.97%に戻った。
また為替も、ドル円について110.4円→110.8円となったあとに現在は110.2円と発表前より円高に。
タカ派な変更ではあるが、一方で市場としては即座にそれをそのまま織り込むことには至っていない印象。唐鎌さんやAmanoさんのコメントが助かる!
前々から分かりきってたことですが、利上げは景気を冷やす一面もありますが、ドルが強くなるので、ますます資金が新興国からアメリカに集まることになりますね。
FRBが利上げする度に繰り返される日銀のマイナス金利は異常とか早く出口/正常化すべき云々のインテリ識者コメントがまた見られそうですね。日本は雇用環境は強くなっててもまだ賃金伸び率やインフレ率ではアメリカに遠く及ばない。せっかく長時間の手術したのに術後の集中治療室でまだ麻酔もかかってる状態なのに生命維持装置を外すようなもので、なんの為に手術したのか分かってんのかな。気合いと根性で治せっていう体育会系のノリなんだろうか。
マイナス金利という異常事態を際限なく続ける我が国を尻目にしっかりとエグジットに向かう米欧。でたらめに見えるトランプ政権もFRBの独立性はちゃんと守っている。日本の財政規律喪失はあまりに深刻。
これでまたしばらくはブラジルレアル安も続くでしょうね。

アルゼンチンと違って地力は強いので今がまさに仕込み時。
順当な利上げ。今年末の政策金利見通しが2.25-2.5%、来年末が3.0-3.25%になったので、政策金利の到達目標水準が若干高くなったことになります。足元の景気回復と物価上昇の足取りがしっかりしてきたことを反映したものだと思います。
Amanoさんの整理、分かりやすいですね。今夜のECB理事会の結果も注目です。
南米通貨への逆風続きそうですね。この1ヶ月、ブラジルは国内問題要因も大きかったと思いますが、チリペソも銅価格急上昇の割に為替は弱含み(エスコンディーダのストが短期的に片付くとみられている可能性が大きいのでしょう)、コロンビアペソも原油高で4月中旬までは強かったのですがその後反落(大統領選挙の影響もあるでしょう)。ちなみにアルゼンチンペソは、IMFとの融資交渉妥結で安定してましたがここ数日弱含み。