新着Pick
768Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この3つは背反ではないので心のタイプの分類ではなく、事業家のもつ特性でしかないですよね。3つを合わせ持つ起業家も多いと思います。

創造性は、様々な概念をゆるく結合して価値評価する事に長けた脳の構造を持った人(例えばアインシュタインは常人よりも神経細胞同士の間を埋めているグリア細胞が多かったことがわかっている)が強いという傾向にあると思います。

人間のリスクの取り方の個人差は、遺伝的なドーパミン代謝速度や、他者への共感、育成環境による自信形成などが色々関わっているので一概に言えませんが、人間にとって重要な性質の1つですよね。
僕の周りの起業家は良い意味でも悪い意味でも好奇心旺盛な人ですね。いろいろなことに興味を持ってやたらといろんなことを知っています。そして意識散漫な感じなのに、ここぞという場面ではすごい集中力を発揮します。

広く情報を集めていて、労力を集中投下できる人という感じでしょうかね。
創造性があって、リスクがあって、自信があるから起業家やるわけですよね。そして成功の裏にたくさん失敗があるわけで。

記事のメッセージが今一つ理解できなかった。。。
「ここでギャラップが注目しているのは、生まれつきの性質や才能をあらわす「天分」という概念だ。それは、さまざまな状況のもとで繰り返される思考や感情、行動のパターンであり、ある役割において優れた成果を上げる天性の能力を意味している。」(記事引用)

パーソナリティ心理学の主要分野である類型論では、性格タイプは気質(生まれ持ったもので、生涯変わらない)と考える。ただし、気質の現れ方は経験を通して多様に花開くので、同じタイプ(気質)の人でも印象は随分違う。さらにいえば、リーダータイプの気質の人でも良きフォロワーになれるし、内向的でチーム志向でない気質の人でも立派なリーダーになる例は歴史的にも枚挙に暇がない。

「天分」とは、気質としての性格のもっとも本質的な輝きともいえる。その天分を活かすことが「よく生きる」ということにつながる。ただし、それは本記事が示唆する「創造性豊かな人は特許で稼ぐ」「リスクをとる人は大企業を作る」「自信家は雇用を創出する」といったものとは限らない。もっとひねりがあり、もっとクリエイティブで、もっとワクワクする多様な可能性が、常に私たちの気質の中にある。
確かにディグラムの視点から見ても
経営者の方の性格は何パターンに集約されます。

個人的には
大企業で成功した社長の性格をもっと分析したい。