新着Pick
258Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
理屈はあってるが、とはいえRTが元ツイートとは画像サイズ等が異なるという理由で著作者人格権侵害を認めるとは…。
RTは、サーバー保存せず、リンク埋め込み式なので公衆送信権(著作権の一つ)を侵害しないというのは少し前に出た裁判例でした。
他方で、原告代理人はそれを踏まえて今回は著作者人格権(同一性保持権等)侵害を上記事実とともに主張したのかなと。
なので、違法アップロードされた写真を転載したら著作権侵害、という話とは別ですね。
これはRTの仕様をツイッターが変えれば済む話な気がします。判決文詳しく読まねばですが。

追記:
RTする側よりもツイートした側がダメというのはそうなんですが、とはいえ匿名アカウントでかなり影響持っている方もいらっしゃって、元ツイートの何百倍も拡散される場合もありますので、事案によってはRTした方の情報開示をするというのもなくはないかと思います。
気になる判例。たしかに構図とか含めての写真であり、そこに創作性(著作権の構成要素)はあるとも捉えられる。

よく分からないのが、このトリミングをしたのはTwitterのロジックなのではないかと思う。そうすると、RTしたユーザーの情報開示があっても、判決で侵害を認めた論点について何かを進められるわけではないと思うのだが…
定かではないが、違法性を主張した上で、全員のメールアドレスを聞き出し、それぞれに画像の無断利用料を請求することを目的としていると思われます。
ただRTした側の画像改変に関する恣意性はどう考えても低く、これが判例になることを考えるとなかなかの衝撃です。
Twitterが利用規約を更新して対応すべきとも思うが、法律論で言えば、著作人格権は放棄できないとされているはずなので、利用規約で対処をすることも不可能。ということは、RTの挙動を変更しない限り、画像付きツイートをRTした人は著作人格権を侵害していることに自動的になってしまう。法律が実態に追いついていないのはそのとおりだが、訴えている人は何をどこまで期待しているのだろう。
twitterだけでなく、あらゆるSNSのプラットフォーマーにとっても他人事ではない判決内容ではないでしょうか。ことによっては仕様を全部見直さないといけなくなるかもしれません。
RTした人に改変の責任が行くのはなんとも納得し難い。それを言うなら自動的に改変できるツールを提供したツイッターの責任は全くないのか、という話にもなってくる。

でももうネットは便所の落書きとは違う、という観点で接しないと行けないんですよね、個人も。
RTで画像がトリミングされるのですか…恥ずかしながら知りませんでした(汗)

同じものが表示されるものとばかり思っていました。

こりゃあ、ウカウカRTできませんね〜。
リツイートに伴う必然的なトリミングがすべてアウトというわけでなく、著作物利用自体を著作権者が承諾しているのであれば基本的に「やむを得ない改変」としてセーフになるとは思いますが(映画のTV・ビデオ化に伴うトリミングをセーフとした判決あり)。

しかし、リツイート者からすると、元ツイートが権利者の承諾を得ているか否かなど判断しようがないため、結論としては違和感ありですね。
画像をRTすることで著作権法違反となることがある。twitterにしろfacebookにしろ、情報を流通・共有できる革命的な装置は、誰もが簡単に犯罪者になってしまう毒をはらむ。技術と制度の折り合いをつけたい。それは制度を直すより、トリミング仕様を変えるといった技術での対応や、ユーザのリテラシーを高めるといった教育での対応が効率的。
まさかリツイートによる画像トリミングが著作者人格権侵害に当たるとは。法の在り方が今に合っていない、ということにこういう事例を見る度に悩まされます。
実際、こういう問題にいくつも衝突して、解消していくことで法が整備されていくんだろうとは思いますが、そのスピードがITサービスの立ち上がりと合ってないんですよね。
新しいサービスを立ち上げようとするスタートアップや、新しいものに興味深々なイノベーターが委縮しないような決着を期待したいところです。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる280文字(韓国語、中国語、日本語は140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.81 兆円

業績