新着Pick
405Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この件については、どんどん情報を集めて自分の理解を深めて行かなくては。
でも、中の人としては実に自然な流れかなーと思ったりもします。
最近の体質変化は社内にいながらにして転職したくらいのインパクトがあります。
パワポ、エクセルの編集内容を、GitHub上でバージョン管理できるようになったら、マイクロソフト最強になるよ絶対!
会社なんかだと、特にパワポは、名前にver2とか加えて編集、更新してる場合多いからねー
GitHubとMSの思想があまりに異なることからユーザーサイドはざわついていますが、基本的にGitHubの独立性は維持して、無理にMSの各サービスと統廃合するつもりはないという回答。
まぁそう回答するよなという感じですし、今の意思決定が将来にわたって担保されるわけではないので、ユーザー側としては状況を見つつという感覚でしょう。
代替サービスはいくつかあって、キャッチアップの早いエンジニアたちはすぐにサービスを乗り換えることができるので、下手をすると一瞬でシェアを失ってしまいます。MSが判断を誤らないことを祈る。
今回、2日間、GitHub Satellite Tokyoに参加し、本日はパネルディスカッションのファシリテーターも勤めた。さらに、SVP of TechnologyのJason Warner氏ともお話させて頂く機会を得た(記事化される予定)。

そこでわかったのは、いろんなことはおそらく本当にまだ決まっていないということ。また、Microsofotは昔とは確かに変わったので、今のGitHubユーザーが不幸になる方向に進むことは無いであろうこと。もちろん、ビジネスなので、GitHubとMicrosoftの両社の利害が一致したものに関しては、統廃合が進む可能性はあるだろうが、GitHubの今のユーザーの大半が拒絶するようなものが起きる可能性はまず無い。

むしろ、両社の統合により実現可能になりそうなことで、開発者が喜びそうなものは山ほどある。それらが一つずつ実現されるであろう未来をむしろ楽しみにしていたいと思った。
様々なサービスがこんな風に効率化されれば神。『プロダクトのドキュメントにプルリクエストを送れる仕組みがすごい』
https://qiita.com/amay077/items/8823376f307235a7f651
マイクロソフトは、かつて優秀なサードパーティーの開発者をサポートし囲い込むことで、巨大なエコシステムを形成していました。

現在では、その役割はAWSに移っています。実際、AWSが選ばれる理由の一つとして、開発者コミュニティの規模が大きいことがよく挙げられます。

今回のマイクロソフトによるGitHubの買収は、開発者コミュニティと直接つながるという戦略的な目標があります。このため、GitHubの運営に介入し過ぎず、開発者コミュニティを育成する方向で進めていく可能性が高いように思います。
マイクロソフトのかつての企業文化とGithubの企業文化は明らかに異なるので、PMIの過程でGithubの良さが崩れてしまうのでは?という懸念がありますが、個人的にはさほど大きく変わらないのでは?と思ってます。LinkedInの買収から2年、ユーザー視点で大きな変化があったか?というとさほどないですし。

逆に言えば、「WordやExcelもGithubのようにクラウドでバージョン管理できるようになる」という期待に応えるようなことも当面はないのかなと。
かつてのマイクロソフトは買収した企業を統合しようとし、ことごとくそのブランドを潰していくという悪弊があったけど、マインクラフトのMojang買収からその文化、そのユーザーを守っていく姿勢と手法を取っているように見えます。無論マイクロソフトのビジネスの本流とは言い難いゲームの世界なのでそうし易かった、というのはあるかもしれませんが当時社内にいて明らかにそこには聖域があった。今のLinkedInもおそらくそうでしょう。昔とは異なるアプローチを取るものと思います。
MSで今度GithubのCEO。これが端的な表現かも『Microsoftがかつてオープンソースを拒絶していたのはなぜでしょうか?Friedman氏はひと言、「恐れでしょう」と答えた』
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。 ウィキペディア
時価総額
92.3 兆円

業績