新着Pick
242Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
金正恩氏にとって
1 体制は保証された
2 非核化は「言及」したがプロセスは約束していないし、費用は韓国と日本負担してくれるようだ
3 拉致問題は「提議」されたが米国は当事者でないので、何らの約束もしていない。

トランプ氏にとって
1 朝鮮戦争終結への目処が立って、「成果」を中間選挙に向けてアピール出来る
2 非核化費用は韓国と日本に押し付けた
3 アメリカファーストを最優先して在韓米軍基地の縮小、若しくは撤退への道筋を付けた
4 何らの実効性もない「拉致問題言及」だけで安倍晋三氏には大いに貸しを作り米国軍事製品輸入の
約束を取り付けた

「歴史的米朝会談」をこんな風にも見えるのですが、いかがでしょうか?
この記事にある通り、北朝鮮は大きな外交的成果を勝ち取ったと思う。共同声明では、トランプ大統領が「北朝鮮に安全の保証を与えることを約束」したのに対し、金委員長は「朝鮮半島の完全非核化への確固で揺るぎのない約束」をした。米国が当初一方的な「北朝鮮の非核化」を求めていたことから考えれば、どちらに有利な形で落ち着いたのかは明らかだ。
 共同声明文の最後の一文は、「トランプ大統領と金委員長は新たな米朝関係の発展と、朝鮮半島と世界の平和と繁栄、安全のために協力すると約束する」となっている。この二人の指導者は「世界の平和」のために協力する約束をしたというのだから驚きだ。
 ここまで形勢を有利に持っていった金正恩氏はじめ北朝鮮の交渉チームは正直大したものだと言わざるを得ない。
 この会談結果について、具体的なことは何も決められなかったとの批判的な論調が多いように思うが、もし、この共同声明文の通りにこれから本当に米朝が関係を改善させていくとするなら、東アジアの戦略構図は劇的に変わっていく。我々もこの新しい国際情勢の流れに備えなければならない。
なんですぐに北朝鮮を持ち上げる記事が多いのか
なんの確約もなく、珍しい生き物の報道が沢山できただけだろう、
印象操作やめてほしいなあ

トランプから体制保証を認めたわけではないようで、しかし同時に北朝鮮も非核化はなにも譲歩する用意がなかったようで、なにしにきたんだろうか
雪解け作業のほんの入り口という位置付けだったように見える
成果は薄いが会わないよりは会って話した方が拉致が開く、
でもこりゃ
制裁は続行でしょう
とりあえず、北朝鮮は「交渉中は攻撃されない」保証を得たわけで、
北朝鮮にとって大きな成果。

もともと、現段階で「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(complete,verifiable,irreversible,dismantlement:CVID)」へのプロセスで合意することは難しかったと思う。

アメリカとしては、早い段階で、ここから「CVID」へのプロセスについて北朝鮮と合意できなければ具体的成果はあがっていない。すくなくとも期限を切るべきだったと思う。
今回の史上初の米朝首脳会談が行われた事については、どのメディアも評価している。だが、会談の中身については期待と不安が相半ばしている。事前にポンペオ米国務長官が北朝鮮の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化、つまりCV IDを求めると強調していたが、その事は共同声明に盛り込まれなかった。非核化について、いつ決着をつけるのかと言う期限も示されなかった。それでいてトランプ氏は北朝鮮の体制を保証すると約束した。どうも金正恩氏にとって有利に事が運んではないかと言う不安の声が少なくない。安倍首相が強調した拉致問題についてもトランプ氏は提起はしたようだが、金正恩氏がどう反応したかは不明である。ただ、トランプ氏がディールだと強調してるので妥協で終わらせるつもりはないのだろう。
金正恩にとっては、偉大な祖父である金日成も、親父の金正日も達成することができなかった米国大統領との対等の会談を実現した事実だけでも成果である。儒教思想の強い北朝鮮という国では、金正恩の権威付けとして、国内向けには今回の会談を最大限に利用するだろう。
金正恩の次の動きは、韓国とのますますの関係強化だろう。融和的なムードの中で民族統一のキーワードのもと、ムンジェインと共にがっちりと北主導の南北統一に向けた既成事実を作っていくだろう。
しかーし全てがオリンピックから始まったと思うと、スポーツの力ってすごいな。
僕は反対。正恩の軍に対する権力基盤を考えた場合、従前から唱えている非核化を米朝首脳会談の場で言うこと自体相当リスキーだと思う。そして、これを奇貨として、非核化のプロセスを経ないとそれこそ、アメリカなどから袋叩きになる。

そういう意味では次回の首脳会談で期限を決める必要がある。
共同声明の内容自体に色々な評価がなされていますが、その文言にどれだけの影響力があるのかは今後の世界の反応次第でしょう。

例えば、北朝鮮は鉱物資源が豊富だといいます。
投資を考える人がいれば、大量供給による値崩れで困る人も出てくるかもしれません。
まだまだ時間はかかりそうですが、こうして対話のチャンネルが強くなっていって、人の行き来が増えてくることは長いプロセスの中では重要だと思います。