新着Pick
210Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
トラック業界が、ここまでアメリカの経済を支える産業でありながらも、ある種手手つかずの状態で取り残されていることは驚きでした。

なんと、100人に1人がドライバー職とは。

このフレイトの特徴は、荷受けのマッチングが素早くできることと、もう一つ「料金の支払いの早さ」があります。通常はドライバーへの支払いが30〜90日かかるところ、ウーバーでは7日以内に支払われるとのこと。これは大きなインセンティブになるとアメリカでは伝えられています。

その一方で、ドライバーの人たちの年代は、テクノロジーを楽に使いこなせる層ではないこともあり、どうサービスを使ってもらうかという課題もあります。まだまだ挑戦が続いています。
中国ではアリババが1兆円投資して同じようサービスをやっています。インドにも東南アジアにも同じサービスがあり、米国では強力インベスターがバックする競合スタートアップもあればAmazonも競合サービスをやっています。

物流は他の全ての産業と同様、世界中でデジタルトランスフォーメーション真っ盛り、そこにベンチャーキャピタルとコーポレートから巨額のマネーが注がれ一気に立ち上がっています。第四次産業革命だなんだと言葉遊びしているヒマはありせん。
Uberにおけるプラットフォームのコア取引のうまいところは、ピーク料金などの需供を調整するダイナミックプライシングの仕組みや最適なルート探索など、コモディティ化したサービスを徹底的に自動化しているところ。

トラックにおいては、料金体系は自動ではなくオークション形式というのが興味深い。まだ自動で値付けできるほどの学習データがないということなんですかね。もしくは乗用車と比べて(荷物の種類やサイズなど)値付けを決めるうえでの変数が多いということなのか。

まだアメリカでもそんなに広がっていないみたいですが、Raksulのハコベルなどのサービスにとっては脅威になりますね
最近ブラジルで見たのはバンくらいの大きさの車で小規模事業者のデリバリーウーバー的なビジネスでした。ちょっとまだニッチですがECは伸びているし、都市部のデリバリーは問題が大きいので市場ポテンシャルは高いんですよね。
日本でいうところの、トランコムのとらなびネットに近い感じだろうか?
元々物流は企業が大量に参入していて、そのなかで多層的な下請け・元受け関係がある業界。中間流通があるところを中抜きするというのはネット企業の王道ではある。
https://www.tranavi.net/
人口の1%がトラックドライバーというのは驚きです。アメリカでは物流の70%がトラック輸送とのことですが、海外ではもっとその割合は多いだろうということです。ということは、日本もそうということなのでしょうか。

記事を読んでいると、テクノロジーが職業のあり方を良い方向に変えるツールになっていることがよくわかります。ただ、レベル5の自動運転が実現したら、ドライバー職を失う人もかなり出てくるとは思います。

業界としてドライバーのセカンドキャリアを考えることをしていかないと、テクノロジーの採用と雇用の安定の間で大きな歪が生まれてしまいそうです。
日本でも先月末に上場したラクスルが、類似の物流マッチングオンラインサービス「ハコベル」を2年半前から展開しています。先週、上場直後の松本社長に直接インタビューする機会がありましたが、「順調に利用者を増やしている」とお話されていました。シェアリングエコノミーの発想から生まれる新たなサービスは、今後ますます増えていきそうです
線路みたいな自動運転専用道路、幹線を作りたくなる。
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別レポート
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア